2016年9月22日 (木)

暗い仕事場は淋しそう

くのあいだ、見に行ってなかった小さくて古びた仕事場。

今は物置がわりに、不用品や使わない物を隅っこに置いてある。

古い工具が残っていたりチエンブロッグがまだ、二つばかり
下がっていたりする。
それらを眺めると、元気で働いていた数年前が蘇ってくるような。

Img_1875

向かいのメッキ工場に来た大型トラックか、奥の金属加工工場
に入って来たクレンが付いたトラックかが、雨よけの小さな屋根
を引っ掛けたと見えて、ひどく壊れ、スレートの壁にまでポッカリ
大きな穴が開いてしまった。

その時の現場を見たわけではないので苦情も言いに行けず
穴はあいたままになっていた。

最近の台風の影響による大雨が、おそらく大量に吹き込んだ
であろう ・・・内部から確認すると、何の変りも見つからないが。

サテ ・・・いつまでも、この建物をこのまま放っておくわけには
いかない。

更地にして駐車場でも作り老後の暮らしの足しにしようか。
それとも、最後に老人ホームに入る時売り払って入居金に
しようか。

いよいよ真剣に考えておかねば。よりよい判断がつかない
状態になってしまう前に。

何もかも任せられている私には肩の荷が重いけれど、
最後の仕事をしっかり片づけなければならない。

なにはともあれ、まず、壊れた屋根と壁の大穴の応急修理
はしなければ。  気が重いことがまた一つ増えてしまった。

| | コメント (4)

2016年9月12日 (月)

お人よし

    ねぇ 聞いてほしいことがあるの。たまにはお茶しない?

暫く出会ってなかった昔なじみが言うので、明日買い物をしながら
落ち合うこととなりました。

お互い便利なように大型スーパーのお茶屋にしたのです。

そして、今日、時間になっても彼女の姿が見えません。
もしや? 今まで何度かすっぽかされた経験があるので
念のために電話した。

「いま何処にいるの~?」 と。

エェ~? 何処って、、、ごめん ごめん 急な用事ができて
行けないんだわ。  またにしてェ~

わたし、逆上しそうでした。

なのに ・・・「アラ いいのよ  わたしも用事ができちゃったから」
と心にもないことを言ってしまった。

じゃ 悪いネ またね~  と、彼女。

Img_2282

またなんか無いよッ  いい加減にしてよね

もうアンタの気まぐれには絶対乗らないヨ 
私をなんだと思ってんダ  長い付き合いだけど昔からこんな
感じで何回ドタキャンされたことか ・・・・
わたしから先に声かけたことなんか無いんだから。

自分の気分のいいときだけ遠くから私を見かけると寄って来て
「ネエ ネエ 聞いてよ 誰々が酷いのよ。悔しくってぇ~」

とか、何処かつれて行ってよ。あのステキなママの処へ行こうよ

など、甘えてすり寄って来てわたしを利用するのね。
昔は「我がまま、気まぐれなヤツだな」 と思いながらすり寄って
きたときも邪険にすることはなかった。
年下のせいもあったし、次男が同級生だったし・・・ネ

以前 何かの集まりの時、偶然会場でバッタリ出会ったことが
あった。

アラ 来てたの? と話しかけたら、彼女、ハッキリと私を無視
した。 そして、隣に居た女性をともなって離れていったのね。
その時 なぁにあれ? と呆れたけれど、数日して出会ったら
ネエ ネエ~ と、あの時の態度なんか忘れたように近寄って
来た。

コンチクショウ (なんて下品な coldsweats01 )
彼女にもハラがたつのだけど、それ以上に自分が情けなくて
・・・なんだか惨めなわたし。

あれこれ考えたけど、今度出会ったら、適当にあしらって
おこう。

そういえば、知ってる女友達って、大なり小なり似たところ
があるような。

イヤと言えない自分が悪い。 相手に気ばかり使っている自分
が情けない。
歳をとったんだから、もう他人のご機嫌取りはやめて
自分のペースでやっていこう。

お天気が悪い時は呼んでも返事もせず、挨拶もしない隣人みたい
にできたら気持いいかも。  そうしようっと。

| | コメント (4)

2016年9月 6日 (火)

愛されているんだね と見苦しい枯れた雑草

この夏は、何回登って来て雑草取りをしたことやら。

取っても取っても、途方に暮れるほど元に戻って伸びている憎らしい
雑草たち。

この間は、取り残した一角に除草剤を撒いてきた。

あれから何度か雨が降って、除草剤も効いただろうな と思ってた。

行ってみると、、、確かにクスリが効いて草は茶色になっていた が
・・・   除草剤は、きれいに草取りをした後に撒いておくものだ と
後悔した。  枯れた草は汚くて周辺の緑の中で見苦しく目立っていた。

秋深くなったら、もう一度きれいに草取りをして、それから念入りに
除草剤を撒いておくとしよう。
そうすれば、来年の春には雑草も芽吹かないのでは?

そうそう、ナデシコの咲く場所は避けなければ。

Photo

さっきまで家の中で,鳴きっぱなしのチョビちゃんの声が
しなくなっていた。

青年に叱られて大人しくなったのか? とおもっていたら
暫くすると、いきなりデッキで鳴き声が。

デッキの隙間から顔をだしてチョビが呼んでいる。

青年がデッキからチョビを抱き上げて渡してくれたので受け取る
と、チョビはビッショリ濡れていた。

チョビちゃん お風呂いれてもらったのね。

気持よかったね~  と、目をのぞきこんだら慌ててチョビは
目をそらしたけれど、その目はウットリ優しかった。

濡れて、地肌の見えるチョビをダッコしてたら、青年なりに
チョビを可愛がり、大切に世話をしている。チョビの幸せがこちら
にも伝わってくるようで、なんだかジンときてしまった。

チョビは心底から青年を信頼していることが良く判るし・・・

青年とチョビは幸せ?なんだな と安心した。余計なことだけど。

| | コメント (2)

2016年9月 1日 (木)

毎日使っているお箸のこと

お店の食器売り場や、漆器展などの催しで見かける美しい塗箸。

 

気が付けば、今の自分のお箸は、もう長いこと使用しているようだ。
輪島塗の細身で軽く、箸先が鋭いと感じるほど尖って それが
とても使いやすく、魚など食するときにはとっても便利なのだ。

 

 

むかし、北海道、港町出身という知り合いと食事を一緒にしたとき、

 

自分の魚の食べ方は、誰にも真似できないほど綺麗だと自負して
いたが、アナタの魚の食べ方も見事にきれいですね。
お互い魚の骨格標本のような食べ方ですナ。

 

と言われたことがあった。

お箸のせいばかりじゃなくて、子供のころから魚を日常的に食して
いたせいじゃないかと、私はおもうのだが、、、ここでサテ、弟や姉の
魚の食べ方はどうだったか?と記憶を探っても思い出せない。

Photo


箸というものは、他人の使用しているものを見るのはあまり気持のい
いものではないが、ちょっと失礼して、下の茄子の箸置きを枕に
しているものが現在使用中の私のもの。

そら豆を枕にしているものは、島根に住む古い友人が贈って
くれたもの。

茄子枕の私の箸などとは格がちがう若狭塗の重厚なものだ。

生まれ月がきたら、この新しい箸を使わせてもらおう ・・・

洗って手にもち、試しに薄く切ったキューリの一枚をつまんで
みた。

だけど ・・・箸が太くて重い。  指が疲れる気がする。

太い箸を持って指が疲れるとは、おかしな話だとは思うが。

慣れればいいかもしれないが、しっくりいかない感触は我慢
ができない気持がする。

また、丁寧に洗いなおして念入りに拭き上げて外した和紙の
帯をまき直し、元の箱へそっと納めて引き出しへしまった。

Photo_2

      今まで 誰にも話したことは無いけれど。

赤い箸をみると、ほんとうはなんとなく恐ろしいきがしてくるのだ。

もう、10年近くも昔に、女帝のような義姉が亡くなった折に
山盛りの白ご飯のてっぺんに、二本の真っ赤な箸を突き刺して
あったのを見た。

故人が日常に使用していたその真っ赤な塗箸は真夏の強い
陽にあたってテラテラと光って見えた。
その色に私は分けも判らずゾッとしたのだった。

きっと、言葉にできない真底にある曲がった心情が反映したのか
も ・・・  

その当時の複雑な心境はブログの中に今も残って眠っているだ
ろうが。

なのに、何故、今現在自身が赤い箸を使っているのか?
考えれば、矛盾したおかしな話なのだが。

良く自分でも判らない。

いちど思い出すと脳裏から離れなくなってしまう。

・・・あした、赤色でない新しい箸を買いに行ってこよう。

つまらないことが急に気になって拘る変な自分がいる。
思いついたら即実行をしないと落ち着かない自分が厄介だ。

お箸のことから思いがけない話にとんでしまった。

| | コメント (4)

2016年8月26日 (金)

これといってなんにも無い日々

今朝、四時過ぎ 左の膝の痛みで目がさめた。

膝の内側がズキズキと、痛いのです。

歳をとると毎日どこかが痛くなる  って誰かが言いました。
当たっているかも。 たいした働きをするわけじゃないのに、むしろ
楽をし過ぎているのに、腰が痛くなったり、肩が痛くなったり。
この間など、茶碗を洗ってカゴに伏せようと手を伸ばした時、ズキン
ときて思わず茶碗を、落としそうになりました。

年齢が体に表れてくるのですね。 モチロン、なんの変りもない人も
いるのでしょうが。

Photo

家に籠っているならミステリでも読みたいなとおもい、出かけました。

昔夢中になった パトリシアコンウエルの検屍官シリーズのように
面白いのは無いかと思いまして。

検屍官スカーペッタは何故シリーズをやめてしまったのかしらん?
全部買って読んでいたのに ・・・

佐藤愛子 90才 なにがめでたい を探したけれど、まだ無かった
ですね。

最近、田辺聖子さんや中山あいこさんなど、若い時に愛読した
作家の方々の噂を聞きませんねえ。
おせいちゃんは、もう書いておられないんでしょうか。 寂しいです。

Photo_2 

沖縄の物産展をやっておりました。

美しい海 星空 蛍の乱舞する写真など、開いて見るだけでも
楽しいガイドブックを貰い、子供たちが貝殻でシーサーを作る様子
を眺めたり、ミニ水槽の色鮮やかな熱帯魚を楽しんだり。

沖縄の紅型染めは素晴らしい。漆器も欲しいナァ ~ ~

そういえば、孫は石垣島からもっと遠いクロ島という処に半月以上
研修に行くと言っていた。

せめて、帰る時はわたしのこと思い出して貝殻の一枚くらい
おみやげに持ってきてくれないかな ・・・

Photo_3

         すばらしいですね~

Photo_4

こんなんして、あてもなくブラブラとしてまいりました。

なんとも無為な半日を過ごし、帰宅すると、冷房の部屋で
連れ合いと福太郎が仲良く並んで居眠りをしていたのです。

・・・悲しいような、平和でいいような ・・・・

| | コメント (4)

2016年8月17日 (水)

三回目の草取りに登ってゆく

車で入って行く入口の雑草がそのままになっているのが気になって
今日も朝から一人で草取りに行ってきました。

阿多古川は早くから川遊びで賑わっている。にわか駐車場を
作って、地域の住民たちだと思うけれど、駐車料金を取っている
から、夏の間はいい収入になるんだろうナ なんて横目で見ながら
走っているけれど、車がウロウロしてて危なくて仕方がないんです。

Img_2247

薄いピンクが多いところに真っ白も咲いています

里山には,4,5軒の住居があるのに登ってくるときに
人っこ一人見かけませんでした。
みなさん、お盆休みというのに親戚や子供たちなどの訪問
は無いのでしょうか。

車も止まってなくヒッソリしているのです。

Img_2248


 

Img_2249

草むらには、いろんな虫がいます。

大きなカマキリやバッタ。なぜか、この暑いのに超特大のミミズ
ヘビじゃないかと間違うような太さです。
こんな炎天下に裸で地上に出てくれば,間もなくミイラになって
しまうのに何を好んでそんなことをするんでしょう。

Img_2246


せみの声も少なくなったような気がします。

きょうは、カナカナが鳴いていました。

ひぐらしの声は、なんだか懐かしく物悲しい感じがします。
夕立がきそうな時などに余計鳴くような ・・・

日差しを避けて鎌を使って,刈り取った雑草を片づけながら
しばらくやっていたのですが、めまいがしてボ~っとなって
きたので、冷たい水やコーヒーを飲み、桜の木の下で長く
なり休むことに。

蚊取り線香の匂いが漂って、なんだか眠ってしまいそう。

せっかくの小屋があるのに私は外のほうが好きなので何時も
外でお茶やおにぎりなどを食べています。
チョビちゃんと青年がときおりやってくれば一緒にお茶も。

あまり頑張って熱中症になると困るナ とおもい、てきとうな
処でお終いにして次の機会にと、山を下りてきました。

車のクーラーの気持ちいいこと! 

あの川に飛び込んだら気持いいだろうなあ~

川遊びの様子を見ながらやがて混み合うインター取り付け道路
に出て町中を走り帰宅。

疲れたけれど、お勤めを終えたような気分がします。

| | コメント (4)

2016年8月 9日 (火)

八月は悲しい月なのに

     風に吹かれて並木の栃の実が落ちてきました

梢を見上げると、かたまりになって,栃の実がついています。
上から落ちてくるのがぶつかれば結構痛いでしょうね。

今年は例年より、実が落ちてくるのが早いようなきがします。
熱い、暑いといっているうちに秋は思いがけず急にやってくるのかも。

Img_2233


    ・・・・・ 八月は、広島へ原爆投下された月。

そして、三日後にとどめを刺すように長崎にまで、再びの原爆投下。
一度ならまだしも、念押しするかのように。
これはもう、悪魔のようなやりかたですね。一生、永遠に言い訳でき
ない仕業じゃないかと、黙祷をしながら毎年怒りに震える私です。

そして、終戦記念日。 その頃、まだ幼かった私にもおぼろに
記憶があります。
連れ合いの父親は戦死をしました。 そして、一族の運命はうって
かわって悲惨なものとなり、惨めな想いをしたそうです。

辛い、苦しかった記憶の多い八月なのに、現代では、夏休みを
楽しむ華やいだ夏。八月の雰囲気が濃いようです。

いろいろ考えさせられる八月です。

田舎では、今月がお盆月なので、町から帰って来る親族で
久しぶりに賑わうことでしょう。
地域の人口が一挙に増えるそうです。

| | コメント (4)

2016年8月 6日 (土)

ジャンボキューリが二本

     何かと気になってはいたけれど、 

きょうは、ようやくお山へ行ってきました。

さぞ草ぼうぼうだろう と内心ウンザリしながら ・・・

予想どうり、ヤッパリ目も当てられないほど荒れていました。

Img_2231

この前来たとき赤ちゃんキューリだったのが、育ち過ぎて
このありさま。 びっくりです。

Img_2232

     ピーマン一個  やせた大豆  何をやってもダメですね



イノシシの足跡がいっぱい。 なんでキューリは食べないので
しょうかねえ。 球根ばかり掘ってあるので困ります。

午後二時ころまで草取りに専念しました。

綺麗に取った跡に粒状の除草剤を撒いておきました。
ほんとうは、除草剤は使用したくなかったのですが。

草取りは、ほんの一部分しただけなので、もう一日行って
やったほうがいいのですが。
慣れてないので、とっても疲れるんですね。
あしたどうしようか と迷ってます。 朝おきて体が大丈夫そう
だったらまた行ってこようかな?

オバアサンは山に草取りに ・・・待っていてくれるのは
チョビちゃんくらいのものですが。

| | コメント (2)

2016年8月 1日 (月)

蒸し暑くてやりきれない

    ゴミをカートに乗せて集積場へ

朝から蒸し暑くて、ゴミ出しに行って来るだけで滝のような汗が
流れてきます。

わたしは、ひどい汗かきなんです。
襟足のあたりに流れてくる汗は絞れるほど。 背中から下へむかって
汗が流れるのがわかるんですね。

太宰治の小説に、汗をひどく流しながら食事をする妻を、下品な女
と、嫌悪感をもって見やる男の心理を描いたものがありますね。
わたしも絶対下品な女なんです。
言うまでもなく、外見ですぐわかりますけれど coldsweats01

こんなに汗をかいたら和服を着ることもできません。
そういえば、お手軽に洋服ばかりで済ませて長い間和服は着てない。
思い切って処分したほうがいいかもです。

Img_2230

9粒ばかりもらって撒いた大豆の種からこんなに収穫できました

Img_2225

大豆が、こんなに簡単に生るなんて。
やせてはいますが、茹でて実をとりだしてサテ、何をつくろうか?
まず、最初はこれで、ビールです。
それから、白餅があるからズンダモチなんても出来そうですね。

梅雨明けもして元気な真夏もいいけれど、こんなに蒸し暑くて
息も苦しいほどじゃこれからの毎日がおもいやられます。


流れる汗に負けてクーラーを稼働した8月1日でした。


| | コメント (5)

2016年7月26日 (火)

久しぶりの雨でタップリ潤ってます

午後から雨になりました。

気温も肌寒いくらいです。
少しくらい水をやってもカラカラだったところへこの雨。

なにもかもがホッと息をついているようです。

Img_2222

まっていた朝顔も咲き始めました。

去年 紫の種を取っておいて撒いたものです。
今朝は4輪咲きました。

Img_2220

苦瓜は油いために。茗荷はキュウリといっしょにワカメ酢の物に
しました。

夏らしい食べ物ですよね。

Img_2218


マツバボタンの、この色はとっても可愛いですね。

雨は今夜中もっとひどく降るとテレビでいっておりました。
雨の音もシンミリして時にはいいもんです。

| | コメント (4)

«梅雨も明けたそうです