2017年9月12日 (火)

羨ましくて妬ましくてよけい落ち込む私がいる

連れ合いの幼馴染が久しぶりに遊びにきました。

小学生からの親友なので70年以上の付き合いですね。

おたがい ○○ちゃん と、今でも呼び合っています。

Img_3176


その友人の元気なこと!

昔から遊び好きな人ですが、80歳を超えたいまでも
競艇へ行き、奥さんやジャン友、クラスメートと旅行三昧
しています。

「○○ちゃん 出て歩かなきゃ駄目になるぞ。

筋力落ちて歩けなくなるよ。今度女の子たちと日帰り
温泉行くから一緒に行こうよ」ナンテ誘ってくれてます。

・・・ でも、連れ合いは、とっくに筋力も思考力も何も
かも衰えて 一日を夢見ごこちで暮らしております。

遠くなった耳で半分ほど相手の話を理解して?
ニコニコしているばかりです。

・・・ 決心して 思い切って、打ち明けました。

認知症の診断をされて、この頃はデイサービスへ
通っていること。 判断力、思考力も衰え、物忘れが
ひどいこと。 ハッキリしている日もあるがボンヤリ
している日は、まるで宇宙人みたいだということ。

「うん。以前から危ないな と思っていたけどやはり
そうかネ でも、年相応ということもあるし、ワタシだ
って似たような症状もあるし、○○ちゃんみたいな
秀才は、そんな病気にはならないと思っていた ~」

連れ合いがトイレに行ってる間に話しました。

もう一人、同じように認知症になっている同級生が
居ます。そのかたは大分進んだ症状で、奥様が
大変苦労をしているそうです。

「奥さんも大変だネ 時々○○ちゃんの顔を見に
くるからね。何か力になれることがあったら言ってヨ」

と、幼馴染は言ってくれました。

帰るとき、駐車場まで連れ合いと見送りに出ました。

友人は「また来るからね」 と、大きな新車に乗って
帰って行きました。

連れ合いはニコニコと手を振って見送りました。

わたしは、もう来ないで欲しい と正直思いました。

Photo

ワタシ・・・なんだか悔しくて 情けなくて 哀しくて
何とも言えない気分で、連れ合いを憎いと思って
しまいました。

あんなに、あの人は元気なのに、何故、よりによって
ウチの人ばかりが・・・ と。
自分が、こんなに私に嫌な辛い思いをさせているのに
一向に気にすることも無く、幼児のようにすまして
いるのです。

私は、まるでこの人の母親のように毎日混乱しながらも
身の回りの世話を焼いているのです。
朝から晩まで ・・・ときには発狂しそうにもなって。

それ相応の事今まで、この人からしてもらったことが
あったかしら? ナンテ時には恨めしくもなりながら。

その日の夜の散歩時にはまん丸のお月さまを見上げて
泣きながら歩きました。
自分という人間は、心が狭い 人格がなってない と
反省しつつ わけの分からない嫉妬心か惨めな気持ち
に勝つことができませんでした。

連れ合いの、この病気は治ることなんてない、この先
増々進行して私を苦しめるんだからと、改めて目の前
が真っ暗になる気持ちで萎えてしまいました。

あれから数日たって、また何時ものように自分の
気持を立て直し? ました。
カッチリフタを閉めたようなものです。
悪い癖で、おりおりフタが外れてしまうのですがね、、、、

| | コメント (4)

2017年9月 5日 (火)

秋祭りの季節がやってきた

天竜川に架かる鹿島橋を渡らずにそのまま山沿いの県道に
進んで行くと、右手下に阿多古川の流れが見えだす。

(鹿島橋のすぐ傍に急な長い石段があって、登り詰めると
鹿島神社があります 鹿島って名はよく聞きますね)

阿多古川は天竜川に合流しているのだけど、何年もこの道
を走っていても合流する箇所がわからない。

清流阿多古川は相変わらず所々で姿を見せるけど、メッキリ
川遊び人も少なくなりました。
それでも、バーベキューの煙は処によって車道まで立ち込めて
いたりします。

Photo

一度 居なくなったと思ったモグラが、また戻って?
きたようです。
大きな土の山がこんもりと二つ三つ また出来ておりました。

今年はジメジメがひどくて雑草も伸び放題。この間伐採し
枯れるようにと広げておいた枝や草も湿っています。

Photo_2


数年前 うどん箱で作った巣箱のやどり木が腐って何処か
落ちてしまいました。
それにしても、バカにスケスケに巣箱が見える ・・・?

紅葉の枝が、たしか巣箱を隠していたはずだが、、、

Photo_3

今年は、柿の成り年のようだ

Photo_4


黄花コスモスが弱々しく咲いてます

Photo_5


ツクツクボーシがやってきて暫く鳴いておりました

トンボが飛び交って、お向かいの青年の庭には
名前知らずの大木が、赤い実をたくさんつけて
いました。

すぐ下に越して来た家族連れ、 私もその前を登って
来たんですが、、、

使いかけの電動工具が雨の当たりそうなところに、
無造作に置かれ、遊んでいたままに置かれた玩具
カーテンが開かれたままのベランダ。
ご主人は大工仕事でもしていたような感じです。

なんか、忽然と家族が姿を消した という雰囲気が
するんですね。

青年が、なんだか変じゃないですか? 木曜日から
そのままなんですよ。

きょうは土曜日ですよね。 車も二台とも無かったし
何か急な出来事でも起こったのか?

と言うのを聞いて、私も心配になってきました。
片づけて、戸締りくらいザットして、普通外出しますよね。

車が二台とも無いのも?だわね~

まさか、事件でもあったなんて・・・気にはかかりますが
こんな場所ですから余分な詮索はよした方がいいわね。
と、二人で顔を見合わせて頷き合いました 笑

でも、そのままで三日目でしょ。気にかかります。
何かあったら青年が報告してくれるかも。 多分 ~

林の中に置いて時々寛いでいたご主人のデッキチアも
そのままでした。

あれこれ妄想が沸いてくるわたしで困ったものです。

| | コメント (6)

2017年8月29日 (火)

真似してわたしも 眠くなる

   きょうは、連れ合いは朝から留守です

さて、夕方までは自由だぞ と思っても、この暑さでは・・・・

Photo


つれあいが居ないので今日はクーラーかけてません。

福ちゃんは涼しい床にゴロンと横になってます。

わたしも一緒に横になりたいな。

Photo_5

私は、高校へ行ってた時は、鹿角市の花輪町という処の
高等学校の寮で過ごしました。

学校の正門ちかくには重くて息苦しくなるほど花を咲かす
大きな八重桜がありました。

懐かしい花輪町   その花輪の祭りの様子を偶然テレビ
で見ました。

おもわず、見とれてしまったわたしです。
懐かしい思いでの街  花輪  ・・・胸を一杯にして
見とれました。

まさか、こんなオバサンになるなんて、あのころは
想像だにしていなかったナ。  毎日それなりに悩み
それなりに輝いて生きていたから。

大サンショウオの研究をしておられた寮長のこもりや先生
はまだ健在でしょうか?
バケツなどを持たされてサンショウオ調査に沢や山へ
連れていってもらった事を思い出します。

想い出っていいもんですね。
幸せな思いでは・・・

なんて、呑気なことを言ってると、連れ合いの帰宅の
時間になってしまいます。
のんびりなんかできない私です。









| | コメント (4)

2017年8月18日 (金)

終わったナ という感じ

今朝庭で、 葉っぱに赤トンボが羽を休めているのを
みました。

818

お盆も終わって、母や父 妹もペットたちも、きっと
あの世へ帰っていったんでしょうね。

私の処へは来てくれたんでしょうか?
気配も感じられなかったのが淋しかったナ ・・・
冷たいビールやお菓子。
アノ仔たちにはジャーキーなど、喜んでくれただろうか?

お昼過ぎ、烈しい夕立がありました。
そして、陽があたってムンムンと湯気が立ち上るような
まるでお風呂に入っているような不快感。
なんとなく、いつもの夏と違うような気がします。

連れ合いは、ステッキをついて近場の散歩へ出て
いきました。
気の毒なほど弱々しく日ごとに衰えていくような。
散歩が出来なくなるのも時間の問題じゃないか と
私はイヤな予感がします。

ですが、とりあえず、きょう一日は無事に過ごせそうです。
毎日毎日、ハッキリしない何かに不安を感じて神経を
すり減らして暮らしている気分がして休まりません。

まとまったこと何ひとつせず、ダラダラと過ごすばかりで
夏も終わろうとしているようです。

公園の木立の下は、小さな丸っこい蝉の亡骸がたくさん
落ちています。

・・・今年の夏も終わったナ と思うのだけど、イエイエ
まだ強烈な暑さが控えている かもですね。


| | コメント (4)

2017年8月12日 (土)

草取りをしました

きょは朝から曇り空です。

最近気になっていて、思い出すたびに嫌な気持ちになる、
空き家になっている工場の草取りをすることにしました。

大人の夏休みが始まって、お店も道も混んでいるようですが、
裏道は静かなものです。

Sigotoba


最初 正面の土の部分から始めて、南側の窓下へ・・・
大きな袋に二つ パンパンに詰めて、
山茶花の伐採した根本から伸びて来てる無数の枝も
切り取って処分です。

それにしても、根っこだけの場所から何本も伸びて
けっこう太くなり、このまま置けばまた、ハナでも
つけそうな勢いでした。全部片づけて除草剤も撒いて
おきました。

お向かいのメッキ屋さんは稼働日のようで、大手の
会社のように休日にはできないのですね。

汗だくだくでしたが、帰り道、あと一週間ほどで閉店
するというマーケットへ行きました。

Piago

大型スーパーの通りは車がビッシリ渋滞なのに
ここは車もまばら、、、、

日常の買い物は、この位のお店がちょうどいい
と思うのですが、皆さん車で遠い処へ行ってしまう
のですね。
長年助かっていたのに無くなってしまえば、きっと
車を使えないお年寄りなどが一番不便になって
困るでしょうねえ。

秋田県の鹿角市のお米が目についたので

アラ 私が高校に通っていた時に住んでいた町だわ

と、懐かしさにかられて10キロ袋だったけれど、買って
しまいました。

きょうは、気になっていた事を片づけてサッパリしました。

でも、疲れて、連れ合いの昼食を作る時、手が震えて
しまいました。何故でしょうかね~

| | コメント (2)

2017年8月 6日 (日)

今年も黙祷をしました

朝から落ち着かない私です。

72年前の今朝、広島の人たちは数時間後、または数分後に
おきる恐ろしい出来事も知らずに、朝ご飯を家族と食べていた
り、仕事を始めたり、用事で電車に乗っていたり・・・

朝から汗を流しながらいつもと変わらない時間を過ごして
いたことでしょう。

何をともあれ、時間が迫ってくると私はテレビの前で皆さん
と同じように起立をします。

そして、黙とうをしながら、原爆投下をした米国を恨み
怒りが湧いてきてやり切れなくなります。
恐ろしい恨みの気持ちを抱く時は、もう一度ありますが。

つど、人間というものは残虐で無慈悲なことも平気ででき
る生き物なんだなと実感します。

暑いのに、冷や汗がでるような気持で今朝も手を合わせ
黙祷しました。

Photo

最近 土曜の夜は、どこかの花火が見られます。

音だけの時もありますが・・・福ちゃんと時々あしを
止めながら眺めたりします。

花火は綺麗だけど寂しい 消えてしまうと虚しい気が
してきますね~ 

| | コメント (4)

2017年7月30日 (日)

だあれも居ない

東名高速取り付け道路は他県ナンバーが多かったみたい。

天竜川の堤防道に入ると空いていて、私の軽自動車は
浮かれてビュンビュン走りました。

河川敷のグランドでは、子供たちや大人の野球の試合が
始まっているようでした。

山間の阿多古川沿いでは、もう朝から水遊びの人たちが
たくさん居て、バーベキューの煙が道路まで漂っています。

お山に登る途中で、一台の乗用車と鉢合わせして狭い道を
譲り合い 「すみません 有難うございます」と言い合いまし
た。 一番狭い処で出会ってしまうと、これはもう、運転が
下手な私はドキドキものです。

Photo


お向かいも、ご近所さんも留守でした。
チョビチャンまで留守のようでシンとしています。

蝉の声まで控えめで・・・

トマトはピンポン玉ほどの実が4個  赤くなった2個を
もいでお持ち帰りにすることに。
せっかく息も絶え絶えにつけた実ですから粗末にする
のも可哀想ですからね。

Photo_2

毎年 桔梗が咲きます。種がこぼれてこんな
やせた土地にも合うのですね。

Photo_3

こんなに可愛いバッタがいました。

I


むくげやザクロの花 

Photo_4

Photo_5


柿もびっしり実をつけています。

Photo_6


草取りを少しして、桜の木の下で涼み、汗を乾かして
ボンヤリしてから下りて来ることに。

丸太のイスもテーブルの足も腐ってきました。
涼しくなったら、チエンソーで予備の丸太を
輪切りにして作り直そう とおもいます。

本職の大工さんがくれた長い丸太をタテ半分に切り
たいのだけど、ワタシじゃできそうもない・・・

お山に行ってくると暫くアレコレとやりたいことを
思って、それも楽しいことです。

ヤッパリ、この自然は私にとって気休めになって
良さそうですね。癒しの場所でしょうか。

| | コメント (4)

2017年7月28日 (金)

ながいあいだ怠けてしまいました

7月も、あと数日で終わりじゃないですか
暑いあついと怠けておりました。

きょうまで、この投稿の部屋に何度立ち入ったことか。

・・・でも、結局 一言も書かないまま、また閉じてしまう
私でした。

書きたい。聞いて欲しい。思い切りぶちまけたい という
気持が常に渦巻いてはいたのに、イザとなると躊躇する
私でした。一度禁をやぶると歯止めがきかなくなって恥さ
らしをする自分が怖かったからですね。

Photo

なんか、物凄く問題を抱えて爆発しそうな私にみえてきそう
ですが、良く考えてみればたいしたことはないのですが。

長い間 お山にも行ってない。
野菜はどうなっているのやら。 孫娘が友人たちと行く
なんて言っていたけど、お向かいの青年のはなしでは
誰も来ていない ということだし。

元気だして行ってこようかな。

蝉しぐれだろうな。雑草がすごいだろうな なんて
思えば行く気が萎えそうなるけれど。

| | コメント (2)

2017年7月12日 (水)

朝大雨 午後曇天 ときに陽があたる

おとうさん 履きやすい靴を買いにいこう

朝からグッタリ横になっているので誘ってみました。

だるいから行きたくない・・・ と申します。

私だって、どうしても行かなきゃならない用事はないのね。
でも、何かしてないと体や気分が沈むのです。

外は大雨 雨水が排水溝へ川のように流れ込んでいるのが
見えます。
こんな天気だから、家に居ると疲れるのですよ。
二人でくっついていると息が詰まりそうになるのです。

烈しい雨がピタリと止んで、どんより明るくなり また
パラパラと。  繰り返しながら雨はあがる気配がします。

Photo

一時間ほど店内をブラブラしてお昼前に帰宅すると
連れあいは、出る時と同じ姿でソフアに横になって
おりました。  でも、お昼ご飯はちゃんと食べるから
心配はしておりません。 わたし は・・・

Photo_2

何もしないでいるのはもったいないので
以前作った袋ものの手直しをしました。

肩掛けバッグの一つは、縦長で深いのを少し浅くして。

もう一つのバッグは通帳や手帳など入れてバッグイン
バッグになるように作り直しました。

袋ものは、この前、大分処分したのですが、しっかり
出来ているものは捨てるには惜しくて残してありました。
未練たらしく取っておけば、また暇つぶしの材料に

なるものですね~

| | コメント (4)

2017年7月 7日 (金)

七夕さまの夜

七夕様の夜は必ずといってもよいほど雨が降るのに
今夜は大きな、明るい満月です。

これなら、天の川を渡って二人は一年ぶりに逢うことが
できそうです。

アァ もう逢えてるかも ・・・

少し湿っぽいけれど、夜風が気持のよい散歩でした。

Photo

黒メダカのコンテナに三匹の赤メダカを、また一緒にして
やりました。
水が熱くなってメダカも大変なので日よけして、夕方には
冷たい水道水をジャブジャブかけてやります。
我が家のメダカは逞しくて、代を重ねて10数年になります。

Photo_2


布袋藻の花は気品がありますね。

| | コメント (4)

«県知事選の投票日でした