2022年9月22日 (木)

おとぎ話のような世界

もう、数日も過ぎて、いまさらですが、この間のイギリスの、
エリザベス女王の葬儀の情景は、見る者にとって、まるで、
おとぎ話の絵本でも見ているような儀式だと感じました。

棺の上の王冠など、ダイヤモンドを散りばめて、贅を尽くし、
棺は鉛で出来ていて、亡骸は密閉されているそうで、重さは、
200キロ以上とか。

女王の馬や犬二匹が、飼い主、ご主人様をお見送りして
いる姿を見て、私には切なく思われたけれど、馬、犬は何かを
感じていたのかしら?

イギリスは、火葬じゃないのですね。


それにしても、何処の世界にも、国にも、権力者やお金持ちが
夢のような世界で暮らしているんだなあと感心しました。


メルヘンの世界を見ている気分がしました。

一般の人たちの服装のラフさに驚きましたけど。

 

| | コメント (2)

2022年9月12日 (月)

悲しくて哀しくてやりきれない~

ホラ、、また聞こえてきたよ

 

裏のお宅の築山に密着している我が家の西の窓から・・・

 

なんど言ったら判るんだぁ~ 目をつぶるなって
いうとるだろがぁ~  眠るなぁ~  

もう一回初めからやりなおしだあ  いちっ にっ!

それを追って、奥さんの声で いちぃ にぃ ・・

 

・・・96・・ 97・・ 途切れながらも奥さんが
ご主人について、ろれつも怪しく複唱していきます。

ようやく100近くまできました。

 

他人の家の会話などを盗み聞きするもんじゃない・・

そうは言っても、イヤでも聞こえてくるんですもの。
静かにしている私には無理なはなしです。

暑いから午前中は窓全開にしているんですから。

きっと、隣のお姉さんも二階の窓から聞いてるでしょう。

 

裏の奥さんは、私と同年。 可愛らしく明るい人でした。

年下のご主人は、それは見るからに怖い、険しい顔をした
男性で、横暴で我儘、クレーム言いで、近所の私達も敬遠
していました。

奥さんが、数年前に足を悪くして手術をし、暫く正常だった
のですが、今度は転んで歩行が難しくなってから、認知症が
少しずつ悪化してきたということで、週に何回かデイサービ
スに通っているようです。

デイに行かない日は、終日ご主人が奥さんの面倒を看ていま
す。

 

 ナンデ人が飯食ってる傍に来てワザワザションベンなんか
するんだあ~とか 寝てばかりいないで目をあけろ~ 怒声が
響いてきます。

ダカラ頭がバカになるんだ 恥ずかしいと思わんのか ・・・


眠っているのは、傾眠といって、病気の症状なんですね。

耳をふさぎたい 聞いてるだけで悲しく惨めになってくる。

ご主人が奥さんのリハビリに一生懸命なのは感心なんだけど
時々大きな罵声と、奥さんの泣き声が聞こえます。

 

100幾つだ? まだわからんのかッ もう一回やり直しダ

そして、執拗なかんじでまた、イチッ ニイ と始まって
奥さんの声が徐々に聞こえなくなって・・また耳を塞ぎ
たくなる怒声と、奥さんを辱めるような悪態が。

もうやめて もう帰る~ など、まわらぬ口で涙声で訴える
奥さん。

面倒を看るご主人も、気の毒だけど、奥さんも、、

このままいけば何か良くない事でも起こるんじゃないか?

二人とも倒れてしまうんじゃないか? 

心配なんだけど、近くに娘さんや息子さんも居ることだし
余分なことはできません。

ご主人の疲れとストレスが爆発するんですね。

介護は本当に大変 というのは私も僅かな期間だったけど
連れ添いの時の経験で、少しだけ判っているつもりです。

 

哀しいナ 人間年取るってことは・・・

私の最後はどんなふうになるのか心配になります。

私なんか、傍で心配、介助もしてくれる相方さえ居ない。


他所の家の出来事にいつも涙してる私です。

 

 

| | コメント (2)

2022年8月25日 (木)

お墓参りをしてきました

もう、四年が経った   まだ四年過ぎたばかり ・・

八月のきょうの夜は、連れ添いが旅立った夜です。

 

お父さん 心配しないで、私が最後までチャンと見届けて
あげる。 

今まさに逝こうとしている連れ合いの手を握って、他に誰も
居ない病室で過ごした時間 瞬間は、四年経った今でも忘れる
ことができない。 

なのに、その連れ合い自身が現在でも何処かに居る様な気がする。
この世に存在しないという事実が信じられない。

確かに見送ったはずなのに・・・

 

一人になっても、私は、ずうずしく、以前よりだらしなく、のほほん
と生きていて、もしかしたら、子供たちの顰蹙をかっているかも。

 

     Img_2545_20220825140401

午前中 一人でお参りに行くと

寺さん分譲の小さな墓地は、みんな仲良く知らぬ人同士が肩を
並べて細かい雨に濡れておりました。

久し振りに涼しくて気持ちいいですな~

いい雨ですねぇ ホットしますね~

などと談笑しているような雰囲気でした ☔

四年前のあの夜は、、、夜中に車をとりに行ったら、施設の
周りの田んぼで、カエルの声がさかんにしてたっけ。

そして、見上げたら、空に、まんまるお月様が恐ろしい程明るくて

優しく私を見てくれていた・・・

後に、同じ時刻、同じように、離れた名古屋の地で、姪っ子が同じ
月を見ていて、、オバサン あの夜は満月だったよね 私も見たわよ
と、教えてくれたっけ・・・

 

 

 

| | コメント (4)

2022年8月22日 (月)

眠れぬ夜に

眠ることも簡単じゃない 

 

二階の各部屋の窓を少しづつ開けて、自分の部屋にも風が
通るよう入り口を開け放ち、扇風機を弱くかけても蒸し暑く、
右をむいたり、左をむいたり。抱き枕二つに交互に足を絡め
枕の冷たい面を探してひっくり返したり、位置を変えたり。

ウチワでパタパタやったり。クーラーを使ったら気持ちよく
眠れるだろうに、、そう言われても、クーラーを使うと
脚が冷えて必ず攣って、ひどい目にあうのです。

 

こうして、やっと浅い眠りについたと思う、一時間か二時間後
不自然に組んだ足が痛くなったり、膝がシクシク痛んできたり
・・・

その合間に、扇風機のスイッチを切ったり、またタイマーセット
してみたり、一晩中・・朝がきても眠った気がしません。

明け方?三時近く静かにバイクの音がして、朝刊をポストに入れ
てくれる音を聞きながら、 あと三時間、グッスリ眠ってみたい
などと考えるのですが。

 

       Photo_20220822153301

   テレビで見た焚火の炎の揺らぎを想い浮かべたり

そんな時は、ウツラウツラとしているのかも・・・

 

最近は、さすがに、この時間を過ぎると部屋から部屋を流れる
かすかな空気の動きになんとなく秋めいた気配を感じるように
なってきました。

ベランダに面したガラス戸を少し開けると、冷えた風が入って
くるのも判ります。

 

若い時は、ほんとに気持ち良く、死んだように眠れたのですが
年を経るに従って眠れぬ夜が多くなりました。
暑さ、寒さに関係なく眠りが浅くなってきたようです。

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2022年8月15日 (月)

渋滞に巻き込まれながらも帰って来てくれる盆休みです

昔、自分も、両親健在の頃は、渋滞覚悟で
早朝に高速道を走って、実家に帰ったものでした。

高速を降りたら、通り掛けのスーパーで、出来合い
だけど、美味しそうな総菜やおやつ、父が喜ぶ酒の
肴に良いものなど。 母が呆れて笑うくらい買い込
んで行くのです。

 

母は、母で昔ながらの煮物など、何時もの代わり映え
しないけど、馴染んだ味のご馳走?を作って待っていて
くれました。

お盆やすみ・・ 一年に一度は泊りがけで帰る実家。

一泊か二泊して、帰る時が、来る時よりひどい渋滞に
巻き込まれるのですが、若い時は、それも夏休みらしい
体験のひとつでした。

 

今は、実家の弟も亡くなって、私も高齢になって高速を
走って行くことも滅多になくなってしまいました。

 

現在は、昔の私のように、高速道を走って帰ってくる
長男家族を待つ身になりました。

 

5時間、6時間 渋滞にはまって走ったり、途中
サービスエリアに入って様子見してみたり、それは、
それで結構楽しい事のようにも思えます。

親が生きている間は、実家というものは懐かしい、帰り
たい場所なんですね。

 

      Photo_20220815164901   

     ことしは、この子たちも一匹となってしまいましたが・・ 

 

今年は、次男夫婦が、直前にコロナ感染してしまい、
自宅療養になりました。
夫婦なので、嫌でも一軒の家内で感染してしまうよう
です。最初、次男のほうが職場で感染してきたようです。

いろんな事のある昨今ですが、早く涼しくなってもらって
落ち着いた日常が来て欲しいものです。

 

 

| | コメント (2)

2022年8月 9日 (火)

怒り悲しみ憎しみ、訳の分からない感情が改めて沸きあがる日

    広島 長崎を思って・・

6日、本日9日と、黙祷しながら、何とも言えない
感情が沸き上がって、やりきれない気分を味わう私
です。

広島に続いて長崎まで・・どんなことがあっても
許せない。 人間として、言い訳できない罪深い蛮行。
77年経っても、いえ、この先未来永劫に、消えるこ
とのない事実として、かの国の人たちは自責の念で苦し
むのだろうか?

・・・どうも、そうでもない意識の国民が多く存在
するという事実もあるようで、、行き場のない虚しい
気持ちにもなってくる。

結局、わが身が実際に、それと同じ体験をした時に
相手の、苦しみや、悲惨さが実感できるのかも。

 

人間は、悲しい生き物なんですね。

人間に品格が問われるように、国にも同じこと
がいえるようです。最近とくに感じます。

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2022年7月24日 (日)

昔の想いで話に花が咲いた

従弟 といっても、亡くなった主人の、70歳を少し
過ぎたおじちゃんですが。

私が、毎日の酷暑で最近お山へ行ってない と言うと
草刈り機まで用意して 「行って見て来よう」と来て
くれました。

 

車中で、とりとめもない話題から、、昔話になって、

高校生の時、ナオミちゃんから、ラブレターを貰ったことが
ある。ただし、オフクロが、勉強に障ると考えてか、隠してい
て、後にオレに見せてくれたんだけど・・・」

と、大昔の話を打ち明けてくれた・・ナオミちゃん とは私の
妹で、従弟と同年、出会いは我が家で二人は親しくなった・・・
らしい・・・

二人はその後、社会に巣立っていき、付き合いも自然消滅した
らしいが。

え~!ナオミって自分の妹だけど、積極的でおませな娘だった
のね~ と大笑い。

 

オレ好きだったから、その後、48歳で亡くなったと、聞いて
ショックだったよ  と。

私が結婚した頃は、従弟たちはまだ子供だったのですね。

田舎道を、一時間も自転車をこいで、我が家に遊びに来て
くれていたんです。
私の実家は、すぐ近くなので、妹も彼が来るとすぐやって来て、
今思うに、きっと二人は我が家をデート場所にしていたのですネ

 

この話から、大人になってから現在までの身の上話が始まって・・

笑ったり、泣いたり  年が離れても、私にはきょうだいのように
親しく付き合った主人の従弟と久しぶりに思い出話に花が咲きました。

山荘の草刈りは、無 さんざん喋って、帰りに、きょうは丑の日
いうことで、二人でうな重を食べて帰って来ました。

追記で、大人の話がしんみりあるのですが。

 

 

| | コメント (4)

2022年7月16日 (土)

ひと月も山荘に行ってない  

六月 半ば過ぎの夜  

お母さん 窓の外にホタルが飛んでいるよ

 

と、メールがきた ・・・今年はホタルが何時もの年より
多いということでした。

このごろ、週末に次男が一人で山荘を利用することが多い。

奥さんを放っておいて、山でひとり楽しんでいるなんて。

昔人間の私は、そう思うけど、奥さんにとってみれば、週に

一度くらい、どちらも一人になれて気がラクだということか?

若い、といっても50代の人達の考えはわからない。
夫婦仲が悪くないなら、私などの想いは無用ですが。

 

Img_2906

 

あっという間に梅雨明けしたとおもったら 熱中症が多発する

灼熱の日が数日続いて、こんどは、恐ろしい雷が突然発生

その後にスコールのような大雨が降ってきたり、天気が定まり

ません。 大雨警報や、洪水避難や土砂災害警報など、一晩に

三度もスマホが騒ぎ立てて、自分の場所は幸い心配のない地域

なのに胸が騒いで余計眠れない  ナンカ、疲れる日々です。

ときどき、福ちゃんの気配を感じる時があるんです。

 

夜中や、朝方私が階段を下りてゆくと、福ちゃんが階段下まで

駆け寄ってくる、小さな足音が、気配がするような事があります。

一番下にお座りをして、しっぽを振って待っているような。

ヤッパリ夢なんですね。そんな姿はどこにも見当たりませんけど。

 

Photo_20220716153901

一人でも、さみしくても、ご飯はしっかり食べないと

いけませんよね。

先日、萌ちゃんが送ってくれた 播磨の海の子鯛で
鯛めしを炊いて、美味しかったけど土鍋を焦げ付かせて
しまいました。

 

夕ご飯どきには、今日のご褒美、ビールや、発泡酒、ワイン
など、その時の気分次第で選び、長時間かけてダラダラと
過ごします。 さみしい=気楽ということですネ

近所を見渡せば、私くらいの一人暮らしのオバサンが多いこと!
みなさん、どんな気持ちで夜を過ごしているんでしょう。

 

もうご飯済んだ~?と時たま夜、友人から電話があります。

淋しくても若い人と早くから同居をしたらイカンヨ~

と、私に言うこの友人だって、寂しいんじゃないの?

 

 

 

 

| | コメント (2)

2022年6月14日 (火)

山桜の下で雨宿り

この晴れ間なら一日大丈夫かも。

梅雨入りしないうちに、一度ようすを見に行って
来よう・・・

 

Photo_20220614105601

この間は硬い蕾だったササユリがうっすら桃色に咲いて
いました。

今では、貴重な山野草となったササユリが、移植した
憶えも無いのに倉庫の脇に、二本あって花をつけるのです。

その他にも、雑草に紛れ込んで、なでしこも。

Img_2849

消えてしまわないように大切にしなくては。

Nadesiko

倉庫の入り口に咲いていても、踏まないように。

頭上でポツポツと。音がしてどうやら雨が降ってきたよ
うです。

空には青空も残っているのに、山の天気は複雑です。

山桜の大木の下にイスを置いて、暫く雨宿り。
広がった枝がカサになってここは少しくらいの雨なら
濡れることはない。

この間、教えてもらった ウソ という名の鳥の声も
ウグイスの歌も今日は無くて、ヒッソリしています。

木の下で雨宿りしながら想いました。

 

昨年の11月に旅立った福ちゃんは、すぐ傍らに兄ちゃん
のトトーと一緒に眠っています。

萌ちゃんがくれた、お気に入りのピンクのフリースに
包まれて・・

トトーは、クリスマスイブに亡くなったので、寒かろう
と思ってセーターを着せてやりました。
年の離れた二匹のウチの子たちだけど、一緒だから
淋しく無いよね。

 

それにしても・・・あの子も、この子も、いったい今は
何処に居るんだろう・・・亡くなって四年近くになる夫
は、今何処に居るんだろう 確かに、この目でお別れを
して、しっかり見送ったはずなのに。
不思議でたまらない。
ペットも、家族も・・・

 

山桜の木の下で、雨宿りしながら 

みんな、何処へ行ってしまったの 何処にいるの と
考えてしまいました。

福ちゃんなんか、スグ横の根元に眠ってるというのに。

 

Photo_20220614113601

いつの間にか、雨もやんで青空に。

 

昼近く、珍しく次男夫婦が、登って来て、三人で
濡れ縁の塗装をしました。

気になっていた事の一つが片付いてホッとしまし
た。

塗装がすんで、私は一足早く山をおりて来たら
下界は、カラカラの日照りでした。

 

 

 

 

| | コメント (3)

2022年6月 4日 (土)

なにか読み応えのある本は無いかなあ 

最近は、週刊誌とかオバサン向け雑誌など
軽い、暇つぶしのようなものばかりをパラパラ
読み散らかすばかりで、重い?物語の小説
など読み応えのあるものは何も読んでなかった。

目が疲れるクセに、無性に本が読みたくなって
本屋さんへ出かけた。

ところが、何時もの本屋さんは模様替えをして
お洒落になり、コーヒー飲みながら読書も出来る
など、今までと勝手が違って、何処にどの作家の
作品あり?や文庫、新刊等々・・ウロウロするば
かりで何回か行ってるんですが迷います。

大好きな外国の作家のミステリイもなかなか見つか
りません。めんどくさがり屋の私は聞くこともイヤ
なのであっちの棚、こっちの棚と彷徨います。

 

ネットで買えば?と思うでしょうが、本は絶対自分
の手に取って、納得しなきゃ自分の物にしない と
いう性質なので面倒なんですね。

きょうは買わないで帰ろう と思った時、隅っこに

アウトレットブックというコーナーを見つけました。

スゴイ! 珍しいジャンルの本や昔ものの読み物が
半値で並んでいるのです。
新品ばかり・・・昭和の結婚式衣装 という写真や
絵入りの見たことも無い珍しいもの、被差別部落の
歴史に関する資料がビッシリの限定本? 私には良く
判りませんがこれは、もしかしたら貴重な資料本なの
かも、・・そういった、あまり一般的じゃない うまく
いえないが。貴重な書物等が沢山並んでいます。

ほとんどが初版、限定版のようです。
ページをめくるとパリパリして初めて人目に触れた
真っ新な紙の感じがドキドキするようです。

自分に興味のある読み物を探して、やっと決めました

Photo_20220604161301

笑 こんな本です(2018年の初版本です)

なんでも読めるものは読む なにか活字を読んで
満足しよう  大丈夫カナ 怖くないかな 想像力
逞しい自分だから、その世界に入って行っちゃうかも。

昔の怪談は、今と違ってジックリ怖いんですよね~

さて、どうなりますか ・・・

 

| | コメント (4)

«ちょっと来てえ~とやかましいウグイスの声に迎えられて