2019年2月16日 (土)

何処へ行くの?どこからきたの?

大型スーパーへ続く道路は、二車線とも混んでおりました。

食料品の買い物をすませて、ようやく車線に入れてもらいノロノロ
進んでいるとき、思いがけないものを見てしまいました。

上下に連なった車の真ん中あたりを、一匹のやせて小さな茶色い
犬が、私の向かい側から小走りでやってくるのです。
エッ?っと驚いている私の車の横をトコトコと通り過ぎていきました。
一瞬見たとき、やせているのにオッパイだけは大きく、首輪もありま
せん。あんな小さなやせ細った体で何度も子供を産んだのですね。
姿を見ただけで人間に大切にされていない印象でした。

ゆっくり動く車の列のあいだをジグザグに走って行く姿をサイドミラー
で見ながら、何とも言えない辛い気持ちになりました。
この様子を見た私以外の人たちも、きっと何かを思ったことでしょう。


助けて保護してやれなかったのが辛い。
アノコはどうなるんだろう・・・
車に轢かれてしまうかも。   アァ 見たくなかった ・・・
こんな所に買い物などに来るんじゃなかった  と後悔しました。


帰宅しても、重い気持ちでスッキリしません。
なのに、我が家の駄犬は、日向ぼっこをしながら大いびきで
大の字になって眠っていました。
外では、野良のミイちゃんが植木鉢にはまりこんで、日に当たって
これも気持ちよく眠っているのです。
そのうち、餌を頂戴と、さいそくに来るでしょう。

世の中 不公平?不条理? 罪のない小さな生き物たちの運命は
人間の扱い次第で決まる。
夜になっても思い出して、やるせないわたしです。

| | コメント (2)

2019年2月 6日 (水)

新年快楽!

中国のお正月のはじまり。

台湾在住の長男もお正月休暇で帰国します。
まず、自分の家庭へ。  そして遠路浜松の実家へ帰省予定。
昨夜から冷たい小雨が降り続いています。
今夜我が家へやってくるそうで。。。何か月ぶりかな~
事故の無いように走ってきてほしい。朝から祈ります。


Photo
           福ちゃん 呑気に寝ていられるのも今のうちですよ。


私は、朝から圧力鍋を使って大根と鶏手羽、厚揚げ、卵を
煮ました。 卵は煮卵になって味が染みて美味しいと思いますよ。
今夜は、お雑煮をしてあげよう   私にできることって
こんなことくらいしかありませんから。
お蕎麦も食べさせたい、、、あれこれ作っても、今の若い
人たちには洋食のほうがよさそうですが。
お母さん 何か美味しいものを食べに行こうか って
いうことになるんですが・・・

嬉しいけれども、疲れる数日なんですよね。

| | コメント (4)

2019年1月14日 (月)

ポツンと一軒家?

信じられないくらい暖かい一日。

今年はじめてお山へ行って来た。

町をぬけて、天竜川の堤防道を飛ばすのはとってもいい気持。

Photo_11


カーナビは、ほとんど白い状態。道に迷いたくても、これでは
いやでも迷うことはありませんね。

いつもの狭い杉林を登って 道は整備されて安全に見えますが
落ち葉で埋まった側溝が怖い。
対向車にはめったに出会うことは無いのですが目的地に着く
までは安心できません。

Photo_12

この先を右に入って登って・・・

やっと見えてきました枯草の中にポツンと一軒家。

Photo_13


ほんとは、道を挟んでお向かいに青年とチョビちゃんが住む
家があるんですが。

Photo_14

我が家の敷地に出入りするイノシシたちの道までできて
おります

Photo_15


プラムの木は、孫たちが、のこぎりで伐ったので、かっこつかない
様子で突っ立っております。

Photo_16


ヒョロヒョロのえんどう豆に防寒の為に杉の葉を寄せて置いて
やった。

Photo_17

Photo_18

きょうは青年の車が無い。 チョビチャンが家の中で鳴いている
のが聞こえる。 私の車の音が分かるんだって。

可愛い子。 毎日デッキからわが家を見て、私が居ないか
確かめている という。 そんなことを聞くと余計可愛いな。

枯れ枝を拾い集め、枝切を少しして山を下りて来た。

今度きたときに抱っこしてあげるからね。

暗くならないうちに、青年が帰宅するといいが ・・・

| | コメント (4)

2019年1月 4日 (金)

泣いても笑っても月日は巡る

年末の寒波が嘘のような、暖かい日が続いています。

二人のくらし カテゴリ はこうなってますが、ヤッパリ福ちゃんと
一人と一匹のくらしなので、そのままにしておくことに。

山で蕾がふくらんでいた紅梅は、今は冷たい日陰の玄関で
花開いています。

Photo


今年は喪中だから何にもしない、豪華な三段のおせち料理の
注文もやめました。

お餅は、孫娘が持って来てくれたので、それでお雑煮を作って
仏さまに供えました。

こんな静かな、お正月らしくない新年は思ってもいませんでした。

あんなに飢えて、何か食べるものをください おやつをお願い
します 
と、初めの頃は要求していたのに、徐々にその訴えも
しなくなり、枯れ落ちるように逝った人。

毎日 甘い物やら果物やら、時にはお寿司、刺身まで たくさん
のお供え物をして、もう飢もじい思いはさせないようにしている私
です。

すき焼きは、大きなお肉をタップリ取り分けてお供え。

そして、二日目の夕飯に、私はそんな残りを暖めて一人
食べました。

Photo_2

死んでから美味しい物をまつって貰ったって、なんにも
ならないわ。 元気な時にせいぜい自分の好きなものを食べ
好きな事をしなきゃ生きてきた甲斐がない。

人間、元気に生きていてこそが花よね ねえ おとうさん と
一人ごと言いながら食べましたが、お鍋の湯気も冷え冷えな
感じがしました。

やはり一人ご飯は、あまり美味しくありませんネ

こうして、今年も始まりました。

さて、年号は新しくなんとなるのでしょう。私は、昭和、平成と
三つ体験することになるんですね。
凄い長生きしてるような変な気持ちになります。

今年は、あまり他人にばかり気を使わないで、自分を大切に
していこうとおもいます。

| | コメント (4)

2018年12月20日 (木)

自分にプレゼントの年末

年末になると、行きつけのスーパーのポイント 一年分で
自分へのプレゼントを買う時に使うのが楽しみな私でした。

貯めたポイントといっても僅かなものですが。

金額にしたら5000円位。 昨年は、たしか湯沸かしポット?
だったか?

たまには、コートとか、少し張り込んで高価な衣類を買い一部を
ポイント払いにすれば安い買い物になる  などと思うのだが、
コートも手持ちで充分 車を使用してるとコートは、あまり着ない
のよね。

欲しい物も無くなってしまいました ・・・

若い時は、あれもこれもと、欲しいものがあったのに ・・・ 

Photo

           細かい残り布を継ぎはぎして完成

隣のおじさんが、やって来て 「きょうは出かけないの?」
ですって。なんか、私 凄くプレッシャーを感じてしまいます。
「夜 遅くまで灯りがついてるな。とおもうけど、それにしては
朝早いね」 とか。

なに?コレ? 朝から晩まで監視されてるみたい。 
気持ち悪いです。

| | コメント (4)

2018年12月10日 (月)

12月になってしまった

あっというまに、12月も10日になってしまった。

毎日 毎日 ボンヤリしてて、ご飯の時間も、食べるものも
あるもので良し、お腹が空けば ・・・などといういい加減さ。

そんな、暮らしがヤッパリいけなかったのか、インフルワクチンを
してから熱がでたりして、ひどい風邪をひいた。
頭が痛く、咳がでて なんとも調子が悪く、息切れがし、夜中に
不安になって、救急車を呼ぼうか などと思った。

長い間、私達夫婦で通院してた開業医は、夫の件で信頼できなくなり
思い切って病院を変えることにした。

昔 夜中にも、急に高熱をだした子供を、いやな顔もしないで診てく
れた近所の医院。  そこを思い出した。
今はお父さん先生に変わってムスコ先生になっているというが・・・

もし、感じが良かったら、これからそこにしよう。

若先生は、4日分の薬を、今では珍しく、院内処方でだして
くださった。

そして、すっかり楽になった私。 辛かった風邪が治ったのです。

Photo


気持ちも滅入る長い風邪だったけど、降圧剤を服用している私だから
12月からはそちらへ変える決心がついた。

ここらへんは、開業医など、掃いて捨てる程多いのです。
たまには掛かりつけ医院を変えた方がいい と言われたけど本当
だった。

Photo_2


お隣とわが家にエサをもらいにくるミーコちゃん。

この子は、耳カットで、誰かが避妊処置してくれたことが判る。
近所で 思いがけなく出会ったりして、可愛がってエサをくれている
処が数軒あるようだ。

世の中 嫌なことばかりでもないんだな。
風邪もなおったことだし、なんか元気がでてきた私です。

| | コメント (4)

2018年11月15日 (木)

勧誘されました

Photo

町内会の行事で、公園の落ち葉掃除をしました。

あっちでも、こっちでもお喋りに花が咲いて、朝のひかり
は暖かいし、気持のよい軽作業でしたね。

おもったより早く綺麗になって井戸端会議も盛況でした。

Photo_2

 ネエ ネエ と、近所の女性が私の処にやってきて、

「一人暮らしに少しは慣れてきた?」 

未亡人の会 にはいらない?」と言いました。

ナァニ 古風な名前の会じゃないですか  ワハハハ
未亡人だって  と、思わず笑ってしまいました。

「シャレよ シャレ  わざとそう呼んでんの」 と。

聞くと、ご主人を亡くした女性たち数人でグループを
作り、集まって手芸をしたり、食事や、時には小旅行を
したりして楽しんでいるそうです。

わたしは未亡人の新米だからね。誘ってくれて嬉しい。

でもね、まだ主人が亡くなって三月もたってないのよ。
も少ししたら入会させて。

と、予約しておきました。 

誘ってくれて、なんかホッコリ嬉しい気がしました。
仲間が居る という安心感でしょうか。

お茶とゴミ袋のお駄賃をいただいて得した気持で
帰宅しました。

| | コメント (2)

2018年11月 6日 (火)

季節は巡る

日記も怠けて、気が付いたら一月ちかくも。

福ちゃんと行く公園も、それなりに秋が深まってきたようです。

Photo

雪柳の花までチラホラと咲いているんですよ。

Photo_2

気が向くと、連れ合いの衣類や持ち物の整理をして
いました。

物に執着のない人でしたが、定期健康診断票がきれいに
束ねられて出てきました。
自分の健康には神経質だったんですね。

かといって、健康的生活への努力はあまりしませんでしたが。

ほぼ新品の手帳が出てきました。

処分しようかとパラパラめくったら、日にち入りのメモか日記
のような記述が数件書き込んでありました。

○月〇日  実家の兄上の処は姉さま(義姉)の三回忌だ。

        兄上が、お返しの引き出物を一緒に選んでくれ
        と言うので買いに行って来た。

        金が足りなくなって自分が4万だしてやった ・・・

ヘェ~ 初めて聞いたわよ  とビックリです。
もちろん 返してもらってないでしょうね。

あんな資産家の兄がお金を充分持たないで買い物に出て
くるなんて、なんだか信じられません。
きっと、連れ合いは喜んで協力したのです。義兄は絶対の存在
でしたから。

日記メモようの記述は、一週間くらい続いていました。

なかに、何があったか知らないけれど、

       〇子が自分に嫌味を言った。 本心が分かった。
       引退したら思い切り自分も言う事は言う ・・・

ナンテのもあって ハテ?何だったかな と思いました。
引退しなくても言う事は言ってくれれば良かったのに です。

書くことがあまり好きでなかった人なので、本人らしい形跡が
ほとんど残っていなくて、これらは貴重な記述です。
まだ、しっかりしてた頃で文字もきれいで上手です。
作業内容のメモも少しあったりして、つい見入ってしまいました。

細々雑多のものを仕分けしながら表から見えないように紙袋に
入れ、それをまたゴミ袋に、 済まない気持がするけれど。
それにしても、無駄のものは持ってない人です。
私みたいに収集癖のない人でしたからねえ。

何か一つを形見に残す などというのはやめました。
私も高齢ですから、後の事を思ったら何一つ残さないほうが
若い子たちの為になると。

こうして片づけ整理は遅々として進みません。

暇そうにしているようで、そうでもないような毎日を過ごして
いる私です。
一時は、食欲がなくて結構やせた私で しめた と思ったのに
最近は元に戻りつつあってなんとかしなきゃ と思うのですが。

 

| | コメント (4)

2018年10月 8日 (月)

一人じゃない 誰かが見ていてくれる

先日の超大型台風で、駐車場の屋根の一部が破損しました。

東風だと、めくれた屋根の素材がパタパタとめくれあがり
今度強風の台風がくれば大規模に破損して何処かへ飛んで
ゆきそうです。

業者は忙しそうで見に来てもくれないのです。

Photo

台風が去って。  連れ合いの遊び友達だった方が、次男さん
と一緒に来宅されて、駐車場を見て、早速修理してくれることに
なりました。

奥さん 遠慮しないでなんでも言ってよ。

俺が出来なきゃ この息子がやるから力仕事でもなんでも
困ったことがあったらすぐ電話してヨ  と。

お知らせしなかった連れ合いの友人たちが、後日噂?で知って
ボツボツとお参りに訪問してくれるのです。

そして、皆さんが、私を気遣ってくれるのです。

優しい気遣いが有難く、しみじみ心に浸みます。

Kotyourann1

祭壇の両脇を飾った大きな鉢の胡蝶蘭も、ソロソロ二か月近く
花が少しづつ萎んで、一鉢は全部切り取ったのですが、まだ一鉢
を、惜しんで元気な花だけを残してあります。

ほんとうは、早く花の茎を切り取った方がいいのですが。

薄暗くなってきた夕暮れ時 友人から電話がありました。

げんき? かわりない? 晩御飯きょうは何食べるの。

この友人は、私より二か月早く、ご主人を亡くしました。
仕事先の事務員さんをしていた女性ですが、なんとなく気が
あって、時々食事したりお酒を飲んだりした仲です。

最近 少し気持が落ち着いてゆっくり周りを見るゆとりが
できてきたような気持になってきました。

私は無我夢中で立ち回ってきたけれど、これで良かったのか?
なにか重大な失敗はしなかったか?

私のせいで連れ合いは余分な苦しみをしてしまったんじゃ
ないか? など、想いはグルグル巡るばかりで苦しくなる程
です。

母は今、これで良かったかと繰り返し想い悩んでいます の
ような情けないメールを長男へしてしまいました。

父はしあわせな気持ちで逝ったと思いますヨ  と 返信が
ありました。この子は親の私の、気持ちの本当を知らない と
淋しく思いました。

そういえば、お母さんは泣かなかったね とも言いました。

泣く暇なんて無かったんですよ。
無我夢中だったので。  

一人っきりみたいに感じていた私が、最近 連れ合いの友人や
声掛けしてくれる友人のお蔭で 心強く落ち着くのです。


こういう時、人柄と言うものが良く判るものですね。

| | コメント (4)

2018年9月21日 (金)

私は元気  たくさんある手続きの数々

世帯主亡き後は、各種手続き処理の多さに苦労しています。

大きな事から、日常のガス電気のことまで。

中でも、わが家は7年程前からという会社の光回線を使って
いるのですが、ネットで、名義と引き落とし口座の変更を試みた
のですが、私では申し込みの最終段階まで上手く辿りつけない
のです。

やむなく、コールセンターの方が早いかも と電話申し込みに
しました。

ガイドに従ってようやく係の女性が出て、訳を根掘り葉掘り
聞かれました。

必要な用紙を送る と言うのかと思って安堵していたら、、、

「ただ今大変混み合っていますので、改めて後日担当のもの
からお電話をします。二、三日はかかると思いますが」
 だと。

エ~?二、三日も、何時にかかってくるか分からない電話を
待つのですか。留守もできないじゃないですか。
アナタ 担当の者じゃなかったんですか。とガックリでした。

それでも、翌日 オネエみたいな物言いの男性から電話が
ありました。

一からまた説明をして  「書類を送ります」 ということに。
ヤレヤレと思ったら、キャンペ~ンの説明があるから電話を
そこへ回してもいいですか  ダッテ。

断りましたよ。もちろん。私をなんだと思っているんですか。
いっそ、ここ解約しようかな と怒りがわいてきました・・・

で、あれから一週間近く 書類はまだ届かないのです。
通信会社は名古屋なんですが。

諸々の細かい手続きの申し込みを各社にしてきたの
ですが、この会社は珍しく ダメ ですね。

一応 あと、大きな問題もありますが、もう高齢の私には
無理そうなので、専門家にお任せをしようと考えてます。

落ち込んだり、鬱になったりする暇がない毎日がもう少し
続きそうな状態ですが、乗り切ろう と頑張ってます。

| | コメント (5)

«しっかりせよ と自分に言い聞かせた