2022年6月14日 (火)

山桜の下で雨宿り

この晴れ間なら一日大丈夫かも。

梅雨入りしないうちに、一度ようすを見に行って
来よう・・・

 

Photo_20220614105601

この間は硬い蕾だったササユリがうっすら桃色に咲いて
いました。

今では、貴重な山野草となったササユリが、移植した
憶えも無いのに倉庫の脇に、二本あって花をつけるのです。

その他にも、雑草に紛れ込んで、なでしこも。

Img_2849

消えてしまわないように大切にしなくては。

Nadesiko

倉庫の入り口に咲いていても、踏まないように。

頭上でポツポツと。音がしてどうやら雨が降ってきたよ
うです。

空には青空も残っているのに、山の天気は複雑です。

山桜の大木の下にイスを置いて、暫く雨宿り。
広がった枝がカサになってここは少しくらいの雨なら
濡れることはない。

この間、教えてもらった ウソ という名の鳥の声も
ウグイスの歌も今日は無くて、ヒッソリしています。

木の下で雨宿りしながら想いました。

 

昨年の11月に旅立った福ちゃんは、すぐ傍らに兄ちゃん
のトトーと一緒に眠っています。

萌ちゃんがくれた、お気に入りのピンクのフリースに
包まれて・・

トトーは、クリスマスイブに亡くなったので、寒かろう
と思ってセーターを着せてやりました。
年の離れた二匹のウチの子たちだけど、一緒だから
淋しく無いよね。

 

それにしても・・・あの子も、この子も、いったい今は
何処に居るんだろう・・・亡くなって四年近くになる夫
は、今何処に居るんだろう 確かに、この目でお別れを
して、しっかり見送ったはずなのに。
不思議でたまらない。
ペットも、家族も・・・

 

山桜の木の下で、雨宿りしながら 

みんな、何処へ行ってしまったの 何処にいるの と
考えてしまいました。

福ちゃんなんか、スグ横の根元に眠ってるというのに。

 

Photo_20220614113601

いつの間にか、雨もやんで青空に。

 

昼近く、珍しく次男夫婦が、登って来て、三人で
濡れ縁の塗装をしました。

気になっていた事の一つが片付いてホッとしまし
た。

塗装がすんで、私は一足早く山をおりて来たら
下界は、カラカラの日照りでした。

 

 

 

 

| | コメント (2)

2022年6月 4日 (土)

なにか読み応えのある本は無いかなあ 

最近は、週刊誌とかオバサン向け雑誌など
軽い、暇つぶしのようなものばかりをパラパラ
読み散らかすばかりで、重い?物語の小説
など読み応えのあるものは何も読んでなかった。

目が疲れるクセに、無性に本が読みたくなって
本屋さんへ出かけた。

ところが、何時もの本屋さんは模様替えをして
お洒落になり、コーヒー飲みながら読書も出来る
など、今までと勝手が違って、何処にどの作家の
作品あり?や文庫、新刊等々・・ウロウロするば
かりで何回か行ってるんですが迷います。

大好きな外国の作家のミステリイもなかなか見つか
りません。めんどくさがり屋の私は聞くこともイヤ
なのであっちの棚、こっちの棚と彷徨います。

 

ネットで買えば?と思うでしょうが、本は絶対自分
の手に取って、納得しなきゃ自分の物にしない と
いう性質なので面倒なんですね。

きょうは買わないで帰ろう と思った時、隅っこに

アウトレットブックというコーナーを見つけました。

スゴイ! 珍しいジャンルの本や昔ものの読み物が
半値で並んでいるのです。
新品ばかり・・・昭和の結婚式衣装 という写真や
絵入りの見たことも無い珍しいもの、被差別部落の
歴史に関する資料がビッシリの限定本? 私には良く
判りませんがこれは、もしかしたら貴重な資料本なの
かも、・・そういった、あまり一般的じゃない うまく
いえないが。貴重な書物等が沢山並んでいます。

ほとんどが初版、限定版のようです。
ページをめくるとパリパリして初めて人目に触れた
真っ新な紙の感じがドキドキするようです。

自分に興味のある読み物を探して、やっと決めました

Photo_20220604161301

笑 こんな本です(2018年の初版本です)

なんでも読めるものは読む なにか活字を読んで
満足しよう  大丈夫カナ 怖くないかな 想像力
逞しい自分だから、その世界に入って行っちゃうかも。

昔の怪談は、今と違ってジックリ怖いんですよね~

さて、どうなりますか ・・・

 

| | コメント (4)

2022年5月29日 (日)

ちょっと来てえ~とやかましいウグイスの声に迎えられて

チョット来て~と鳴く子は、多分ホトトギスだとおもう。

わたしが勝手に名付けているのです。

連休に訪れてから久しぶりに登ってきたお山は、新緑で
山々が賑わって元気いっぱいの趣がします。

 

Photo_20220529163201

桜はいっぱいに枝を広げて

Photo_20220529163501

グミの実がビッシリ赤くなって

Img_2817

日向は焼けるるような暑さなのに、木陰は涼しい風が
ゴーゴーと吹き抜け、ザワザワと大きく木々が揺れます。

時々、姿はみえないけど、すぐ近くで

チョットキテエ~ と今頃良く鳴く鳥が何か言います。

この鳥、夜明けに鳴くホトトギスでないかしら?

私には呼ばれているように聞こえるんですが、昔、ジッチャン

は、そんな鳥は、ここらに居らんなあ と笑いました。

 

ジッチャンは最近、姿を見たことがありません。

亡くなった話も聞きません。訪ねてみたいけど、交流のない
若夫婦と住んでいるようなので訪問がためらわれます。

ウグイスは、もう分かった、少し静かにして と言いたく
なるくらい大声で喋っています。

グミの木の下は、落ちた実が一杯。きっと、小鳥たちがつい
ばみに来ているんですね。

Photo_20220529165301

紅梅の実が所々に成っています

Img_2814

 

Photo_20220529165801

草取りを少しして、桜やモミジの枝を見上げ、ハハハと群れて
群生した雪の下の花をながめ、風に吹かれてボンヤリ過ごす

Photo_20220529170401

りたい作業はたくさんあるのに体力がなくなって、せっかく
お山へ登ってきてもボンヤリ過ごすことが多くなってきました。

きれいにしてやれなくて残念。

 

お家の中でチョビの鳴く声が聞こえます。

チョビは、最近わたしの事嫌いになったのかな?

青年とも、長い事話してません、マアいろいろありますよね。

自由がいちばん。ここでは自由でいいのだからネ

 

| | コメント (4)

2022年5月14日 (土)

幼い頃のうちの息子たちを見る様で。

赤い色の縫い糸を少しだけ欲しいので、近くの100均
のお店へ買いにいきました。

レジへ行くと・・・

お兄ちゃんの方は小学低学年、弟と思われる子は幼稚園
年長くらい? 二人の男の子が小さなお財布の中身を
レジのトレーに全部広げて、それをレジの女性が何度も
数えて どうする? ホラネ 一つ返す? などと
やっています。

二人は困ってどうしていいか分からない様子です。

お菓子が幾つか籠に入っているので、おやつを買ったの
でしょうね。

きっと消費税は計算に入ってなかったのでしょう。

レジの女性は困っています。男の子も困っています(笑

私が、いくら足りないの?と聞くと、三円だという。

おばさんが三円だしてあげる 私の財布から三円出して
トレーへ入れてあげました。

レジの女性は ア~良かったねえ 済みませんネと笑い
お兄ちゃんの方は、いいの? という目で私を見ました。

無事会計がすんでレシートを貰い、お兄ちゃんの方が
有難うございます と二回もお礼を言いました。

後姿を見送りながら、昔のうちの息子たちみたいだなと
懐かしく、幼なかった二人を連想しました。

余分なお節介だったか? このお店にくる子ならきっと
同じ町内のお子さんだろう。

親御さんに叱られるかな と少し心配もありました。
でも、まあいいじゃないですか。
たまには、こんな経験をするのも。


キチンとお礼が言える良い子でした・・・

 

| | コメント (2)

2022年5月 3日 (火)

今日が何の日か、お休みなら嬉しいだけかな

 

4月30日 NHKスペシャル 立花隆 最後の旅

という番組を見ました。

亡くなって丁度一年。 

人間は、何処からきて、最後、何処へいくのか?

記録魔であったので、自身の最後の時も何か、メモ
の一つでも残して行くのか もし、この世から
あの世へ移動する瞬間の状況が判ったら初めての
真実が判るのに とバカな期待をしていました。
彼ほどの人物ならある程度の段階まで、なんらかの
手段で記録しているかも などと考えたのです。

 

あの世は存在しない 人間死ねば無になる

だから、遺体はゴミとして処分 墓もいらない。

書籍や資料は全て処分、何一つ残さなくていい。

癌を患いながらも最後まで考える人 でした。

お墓は、巨木の根元に樹木葬されています。
ジャーナリスト、学者 哲学者。 無学な私など
が彼について語るなんておこがましいですが。

わたしだけの世界で、思い込みのみで考えました。
立花隆という人は昔から気になっていた方でしたから。
番組を見ることができてほんとうに良かったです。

 

| | コメント (4)

2022年4月26日 (火)

よく降る雨です 

まるで入梅時のように、朝から降り続いています。

 

きのう、お墓掃除に行っておいてよかった・・・

車なら信号七つ走ればいいから、毎月連れ合いの
旅立った日にちにお花を取り替えに行ってます。

今は、車が使えるからいいけど、免許返納したら歩き?
いつかは、一人で行けなくなりますからね。

 

こんな雨の日の、お山は寂しいだろうな。
ちょびちゃんと青年はどうしてるかな? つい、思って
しまいます。

 

 

Img_2713

おおでまりの花盛りです

 

Img_2579

馬酔木ですね

Img_2694

やまぶき

 

Img_2718-1

稚児ユリ

Img_2722

シャガの花

Photo_20220426150101

グミの花

Photo_20220426150601

月桂樹

Photo_20220426150701

野イチゴの花 など、もう可愛い実になっているかも。

連休にまた登って行って、山茶花の枝にかけた巣箱に
新しい住人が入ったか確かめてみよう・・・

一人で行って、べつに何するでもなく、ぼんやり
ウロウロするのが楽しみな私です。

 

 

| | コメント (4)

2022年4月16日 (土)

どうでもいい話で気を紛らす

  ひざまづいていては 自由になれない

         ~ ~ ~

 

  からのグラスを高々とあげて

       ~   どこへ行こうと

 

      自由なじぶんでいるため ・・・・

      

      ボクにかまわないで ・・・

 

男性の歌声が流れます。 何度耳にしても歌詞を覚え
られないダメな私。 ジンとくる歌なのに。

 

夜の番組で見る、ヒロシのボッチキャンプというのが好きです。

毎回見てしまいます。 

 

芸人ヒロシがソロキャンプをする様子を、ただ撮っているだけ。

見ようによっては、退屈な番組でしょうが・・・

 

 

       Photo_20220416173101

むかし、ヒロシです・・・で始まる一人かたりの異色?の
芸人さんでした。

その時も語りのうしろに流れたBGMは素敵でしたが。

何が淋しいかって、一番さみしいのは、大人数の中で
感じる孤独です。 すごい疎外感。

一人の淋しさなんて、たかが知れてます。

孤独について、ヒロシはこう語っています。

この人から漂ってくる何かが私を惹きつけるのか。
理屈じゃなくて気になるんですね。
勝手に思い過ごし、直感してるだけかもしれないが。

独り言を言いながら自然の中の闇夜に、ランタンの
灯りや 焚火の炎を眺めているヒロシと同じ炎を私も
見ている気持ちになります。私の方がお笑いかもですが。

       

      📺   📺   📺


40数年も昔の、必殺仕事人シリーズ そして、
土曜の夜は、男はつらいよの寅さん映画を観ています。 

なんて古いのでしょうか! 笑われるでしょうが。

長年観ていて気付いたことがあります。

必殺シリーズには、毎回、ほとんど一瞬と言ってよい位
名も知らない俳優さんが、通行人、また野次馬の一人と
して、時には、屋台蕎麦のオヤジサンなどで出演している
のです。 そう、この方です。こんな若い時から・・・
シリーズ終わり頃はけっこうお爺ちゃんになってます。

        Photo_20220416181001

寅さんシリーズにも、毎回地味なおばちゃんが、女中さんなど
の役で初回から最終回まで出演していますネ

このような人たちは、よほど役者さんという職業が好きなん
ですね。 気をつけて見ていないと何処に出ているのかも分か
らない 目に留めて貰えないかもしれない・・のに。
好きでなきゃ出来ない仕事ですよね。

私みたいなヒマ人が、たまに興味を持って、今回はどの場面に
居るのか?などと探しているなんて判ってくれるかしら?

もっとも、お二人は昔の人達、もうとっくに旅立ってしまわれ
てますね。

中村主水さんでさえ、もうこの世にいないのですから。

 

この、大変なお時勢に、お前さんは、なんて暇そうに!と
叱られるかもしれませんが、現実をあまり見たくないから
ですよ。悲しい事が毎日ニュースで報道されるのですから。

 

 

 

 

| | コメント (6)

2022年3月28日 (月)

青空の下の桜は華やかだけど、夕暮れの桜はさみしい

いつもの川べりの私の桜が満開で、きょうは花びらが
散り始めていました。

 

Photo_20220328164901

 

2022328

 

Img_2606

桜の木の下は、ゆるい傾斜になって川が流れています。

黄色い、この花がたくさんさいているのです。

誰が植えたというわけではないのに。

 

すぐ横にあったパチンコ屋さんが無くなって住宅が立ち並んで
から、ぼんぼりを灯した夜桜見物もなくなりました。

昔、会社のお客さんや友人たちと一緒に、夜桜の下で大騒ぎした
ものでした。

・・・あの頃が懐かしい。 二度と戻ることのない日々です。

 

2022328_20220328170001

 

お山のさくら、山桜も絶対今週の末には盛りじゃないか?

タイミングを逃すと満開は来年のお楽しみになってしまい
ますから、今週お天気の良い日に行って見よう。

こんな、平和の毎日を暮らせて、幸せな自分だと思わなきゃ。


きょうは、午後から曇りになりました。

16℃もあるのに、なんか寒い気がします

 

 

 

| | コメント (4)

2022年3月13日 (日)

杉林の下にはスギ花粉は降らないのかしらん

街中に居れば、鼻がグジュグジュ、涙っぽい ハックション!!

きょうは、ポッカポッカ 汗ばむほどの上天気となりました。

 

杉林の中の坂道を登りながら、車の窓全開。

Img_2510

 

Img_2549_20220313144901

クシャミが出ないのが不思議ですね~


お山についてフキノトウをつみながら、

杉の木のテッペンを眺めれば ・・・

 

綿みてえな白い雲が。。ポッカリ、ポッカリ流れて・・・

♪ ♪ ♪ (^^♪ 東京さで別れたおっかさんを想い出して

 おらぁ~ おらぁ~

 

なんて、リンゴ追分のメロディーが浮かんできます。

 

Img_2509

 

Img_2545

 

最近、売りにでている家屋が多くなってきました。

オーナーさんが高齢化したりで、お山へ来られなく
なってきたんですね。

少しづつ荒れてくる様が淋しいです。

Img_2508

 

防寒のため被せた落ち葉の中でクリスマスローズが蕾を
つけておりました。

水仙たちはとんがった蕾を持ち上げて、咲くのを待って
ます。

Img_2548

こんな場所に住めば、静かで気がラクな毎日でしょうね
枯草の場所は、昔、畑や田んぼだったということです。
若い人は、手っ取り早くお勤めに出たほうがいいんですね。

 

道横で車を下りて、ワラビを探していると、

まだ早いんじゃない? 20日過ぎ頃かなあ と同じく
車でおりてきた人に声をかけられた。

誰かと思ったら、同じ地内の知り合いでした。
ここで、立ち話を暫く。

彼も年取ったなア~ 人の事は言えんけど。

フキノトウを採って来たよ  天ぷらにして酒のつまみサ

私も5つほど採りました。きざんでお味噌汁にいれます。

いっぱい太陽を浴びて、ウグイスの声を聞いて、春満喫して
帰宅したら、野良のミイちゃんが私を待っておりました。

 

Img_2534

きょうは、あったかくて良かったね

| | コメント (6)

2022年2月16日 (水)

心配で寄り添っているんじゃないですよね

       横になってほとんど動かない仲間の側を離れない

 

 

Img_2494

金魚の赤い方、小赤くんが死にそうです

横になって水面に浮いて居たり、沈んでいたり、時々
自分で動いて位置を変えることもあって、この状態が
数日続いています。

どうした?何がいけないのか、エサが悪かったのか
水温が合ってないのか? でも、ヒーターは18℃で
お店の男の子が選んでくれたのだよね。

もう一匹のふくちゃんは元気なんだから、原因が分からない。

飲まず食わずのハズなのに、時々尾を動かしてユラユラ泳ぎ
私は、ここ数日朝一番、小赤君は生きているか水槽を確かめ
る毎日です。

そんな仲間に、もう一匹のふくちゃんはピッタリくっついて
私が覗くと離れますが、また暫くすると小赤くんに寄り添います。
気遣って離れない 心配で離れられない? 人間じゃあるまいし
まさか、こんな小さな魚に人間のような感情があるのか?

そんなことは、ないだろうけど、何故離れないのかしら?

動かない、それでもかすかに息をしている仲間に寄り添う
小さな金魚を見ると、いじらしくて涙がでそうになります。

がんばれ 元気になって。 ふくちゃんが心配しているよ。

・・・もう、死んでしまうものは飼わないと決めたのに
たとえ金魚でも、また飼ってしまって、懲りないわたしです。

| | コメント (2)

«日記がわりのブログが16年近くも続いています