2021年6月16日 (水)

ホタルの季節

夜 一人テレビを見ていたら、次男からラインが届きました。

 

    今夜は山荘に居るけど、ホタルが飛んでるよ 

 

ジッチャンの池には、いっぱい居るんだって と返すと

暫くして、 池の木の枝にホタルがビッシリ居たよ と報告が。

 

早速 見に行ってきたらしい・・・

 

孫の萌ちゃんが、友人たちと山荘に泊まった時、やはり、下の
池までワイワイ騒ぎながら見物に行って。感動した ホタルです。  

 

次男は、ユラユラ飛んでいるホタルの動画を送ってくれました。

 

妖しくも頼りなく漂う黄色の小さい光

なんだか怖いね~ と言うと、 池の木に光るホタルのほうが
気味悪かった  と返事がきました。

 

このホタルのことは、夜になって、見た人だけの秘密です。

里山の住人と、数少ない人たちの暗黙の秘密ごとなんです 

 

 

| | コメント (4)

2021年6月 3日 (木)

古い日記帳や書類を燃やしました

雨があがって陽が差してきたので、急ぎ山荘へ出発。

古い日記帳や雑記帳、書類を処分したくて、山荘へ
運んでおきました。

 

ホウロウ製の焼却炉をデッキの下から引きずり出し
て書類やノートの類を詰め込んで点火しました。
最初、黒い煙が出ていたけど、やがて透明になり順
調に燃え始めました。

 

 

Img_1931

 

空き地とはいえ、周りが杉林や枯草の空き地が多く、
以前、山火事になり、ヘリコプターや、里山の住人た
ちや消防隊員の消火作業のお陰で、我が家への類焼も
免れたという事件があったのです。

 

消火の様子はテレビでも放映され、ヘリからの散水の
光景は見ていてドキドキしたものです。
その日は、寒い日で消火は夜までかかりました。

里山のお母さんたちが炊き出しをしてくれて、本当に
感謝でした。

知らせを受けて、現場へ駆けつけたかったのですが
山荘へ登る道は消防車や関係の車両で通れず途中で
戻って来ました。
やきもきした、心配な一夜が明け、翌日はお世話に
なった方々にお礼の挨拶に回りました。




   💦  💦💦 💦  💦





今でも枯れている松や杉の有様を目にすると、その時
の光景が蘇ります。

あれから数年が過ぎて、焼けた木は倒れ、立ちながら枯
れているのもあり、まだ少し惨状を思わせる処も残って
いますので。

 

そんなことがあったので、書類を燃やすのは雨の季節に 
しようと待っていたのでした。

焼却炉のふたの上にヤカンを乗せてお湯がわき、それで
インスタントのコーヒーを淹れて飲みました。

炉の中では、10年分ほどの日記帳、兼家計簿が灰にな
りつつあります。

 

このブログも夏がくると、16年めになります。

つまらない、とるに足らない一人の教養も無いオバサン
の想いがダラダラと書き記されて、これこそ焼却炉で燃
やしたほうがいいかも ・・・などと考えました。

 

きょうは、チョビちゃんの声もしないのです。

すっかり、きれいに燃やし尽くして完全に消火しておき
心配のないように、何度も、何度も確認をしてお山を
下りて来ました。

今度はサツマイモでも持って行こうかな。

 

 

| | コメント (4)

2021年5月 7日 (金)

イチゴ白書をもういちど

70年代の懐かしいフォークソングを聞いてます

 

  二人だけのメモリィ どこかでもういちど ・・・

 

このころ、私はどんな暮らしをしていたかなあ~?

貧乏にまみれて 笑 生活苦に喘いで、子育てと仕事
に振り回されて ・・・

 

Photo_20210507135601

 

小さな爪が可愛く、ふっくらした私の手が荒れてカサカサ
になりました。 なんて、自分で言うも恥ずかしいけれど、
あの頃は暮らしに精いっぱいで、自分を構っている暇は無
かったですね。

奥さん 指がこんなに荒れちゃって可哀そうに・・

時々やってくる若い真面目な営業の男性が、私の
手を見て言いました。

それを聞いて、私その時、おもいましたね。

主人は私の指なんか気をつけて見たことも無いけれど と。

 

急に自分が可哀そうになってきました。

おっと危ない 妙な気持ち。

そんな事を言った人は、その数か月後に自死しました。

何があったんでしょうね・・・何か話したいことがあった
のでしょうか。 今なら少し判ってやれる気がします。

 

その頃仕事をしながら聞いたフォークソングの数々が、
若いころの思い出につながりました。

 

ホラ やっぱり。午後から雨になるだろうな とおもい
洗濯物を取り込んでおきました。

やはり、雨が降り出したようです。

 

ノラのみいちゃんは昼前にご飯を食べに来て、今頃は安全
な場所で夢うつつしてるかも。

 

 

| | コメント (4)

2021年4月17日 (土)

みんな何処へいってしまったのか・・・

道沿いの痩せたワラビを採りながら、里山住人のジッチャン宅の
方へブラブラと歩いてみました。

 

Photo_20210417111901

 

アァ~ジッチャンの棚田が・・・

あの優しくて面倒見のいいジッチャンは病でなくなりました。
昨年の事です。 可愛らしく美しかった棚田は草ボーボーに
変ってしまいました。

若い家族たちも同居しているんですがね~

ヤハリ田んぼ仕事は無理なんでしょうか。

 

Photo_20210417112601

田んぼに水を引くために造ったという、ジッチャンのため池
に二羽の水鳥が居ましたが、一羽は私の姿に驚いてか離れた
場所へ行っていまいました。

昔いた大きな金魚や緋鯉の姿は水が濁っていて見えません。

きっと、カラスかトンビにさらわれてしまったんだね。


金魚や鯉を入れてもスグ食べられてしまうなぁ~

ジッチャンはいつか笑って言ってましたよね。

道端で話していた時、ジッチャンは手頃の枝を伐って夫と
私のステッキを、器用に作ってくれたっけ。

働き者の優しい人でした。

おばちゃんも少し前に亡くなって、、、ジッチャンは
淋しかったのね。

もう一人、山菜をもってきてくれたり、地元の人しか知らな
い小山の中にある神様のお堂に連れて行ってくれたりした
おじちゃんも亡くなりました。

自然はなんにも変わってないのに・・・

連れ合いもあの世へ旅立って・・私ひとりになりました。

みんな みんな居なくなって、自然だけが変わってないなんて

不思議のような。 夢をみている気分です。

わたしを置いて、何処へ行っちゃったの~と聞きたい。

 

 

Photo_20210417115001

青かった花が白くなってきました。

 

Photo_20210417115101

私もいずれは、ここへ来れなくなりそう。

車の運転ができないとお終いよね。

そして、居なくなった懐かしいみんなの処へいくのよ。

だから、死ぬのはなんにも怖くなくなった。

最近、そう思うようになってきたのね。

それにしても、長い間には、思いもかけない体験したり、
人生って一筋縄ではいかないものなのね~

ちょっと感傷的になってしまいました。

| | コメント (7)

2021年4月12日 (月)

ほとんど葉桜になりました

    桜の花びらがそこらじゅうに吹き溜まっています。

 

 

 

 

Img_1911

 

数日前は満開でした。

散りかかると早いものです。

Photo_20210412140101

大手まりは葉っぱと同じ色で咲いてます。

 

年末に、給湯器やポンプの防寒をしておいたのに
年が明けて春らしくなってきたので、防寒装備を
外して、サテ、水を使用しようか ということに
なって、初めて給湯器とポンプが凍結で故障して
いることに気づきました。

ヤレヤレ えらい散財をしてしまって・・・

 

Photo_20210412142301

それでも、いいこともありました。

建物東側の空き地に、可愛らしいチゴユリの群生を
見つけました。

ひと茎に一つ花を咲かせる清楚な子たちです。

たいせつにしなければ・・・

金ランとか、やまゆり など、数年前にはひっそりと
また豪華に花を咲かせていたものを、春になってワラビ
採りなどに上って来た心無いひとたちが見つけては、引っこ
抜いて行くので、最近はこれらの花にメッタお目にかかれません。

Img_1869

月桂樹の花です

Img_1907

 

Img_1873

山吹は八重なんですが、日陰のせいかあまり咲いてくれ
ません。

下の自宅から持ってきて移植したもので、クリスマス
ローズは、ここが気に入ったのか勢いが良く、花まで
咲かせました。

リンゴなど、どうかな? と考えています。

これから草取りに追われる厳しいお山ですが、ウグイスの
のど自慢を聞きながら良い時間が過ごせる場所です。

そういえば、ホトトギスの声をまだ聴いておりません。
今頃じゃなかったかしらん?

 

 

 

| | コメント (4)

2021年3月17日 (水)

朝はつぼみ 午後は花ひらいた枝垂れさくら

朝10時ころ、その枝垂れ桜の脇を通るときは、木全体が
赤いな と思うくらいだった。

 

帰り、その枝垂れさくらは花がワ~っと開いて枝が見えない
ほど花いっぱいだった。

 

5,6時間ほどで、こんなに変わるものかと驚きました。

 

ちょうど、狭いカーブの道の脇に昔から立っている老木です。
道の中程までアーチのように被さっている素敵な場所ですが
車を止めて見ることができない残念な処でフォトも難しい、、、
花いっぱいの枝が垂れ下がって揺れているさまは、毎年楽しみ
ですが、運が良くないと満開を見ることができません。

今年は、花開く瞬間に出会ったようでラッキーでした。

 

Img_1813

昨年 デッキを交換して樹脂製の木造ソックリなものに
交換し、取り払った元の角材のデッキ材は倉庫横に積んで
おいてもらいました。良い処だけ使って、イスの脚やベンチ
等作りたいと思ったからです。
工作の楽しみができました。実際はどうなるか ですが。

 

Img_1807

以前 tabibitoさんに、このかんざしのような花の名前を教えて
いただきましたが、長い事ブログでお目に掛かってません。

懐かしく、折に触れて思い出しておりますが。

 

Img_1806

山には似合わない派手な紅白の椿も沢山さいてきました。

 

Img_1804

 

Img_1776

エンドウ豆の芽が出ています

Img_1811

モグラのお陰であちこちポッコリと土が盛り上がっています。
昔から家族で住んでいるようです。
いつも許して黙認してるので安心してるかも。

 

久しぶりに知人と立ち話をして、ぶらぶら遊んで、枝を少し
伐ったりして下りてきました。
そして、帰り道、枝垂れ桜の開花した処を見てきたというわけ
です。これから草取りで忙しくなります。
お山へ行くと、あっという間に時間が過ぎてしまいユックリ
できない感じ。泊まって来ればいいのにと、思うけれどヤッパリ
それもチョットね~とやりません。  へんなの。

山桜は色づいているようですが、まだまだ今週過ぎてから?
呑気にしていると、我が家の桜の満開にも見逃してしまうので
気をつけなければいけません。

 

 

| | コメント (6)

2021年2月23日 (火)

里山で運動不足の解消をする

Photo_20210223135701

これは、もとグミの木の小さな盆栽でした。


地植えにして、20数年毎年ビッシリ実をつけています。
結構な大木になって、電線に触れそうなので枝のほとんどを
伐採することに。

Photo_20210223140801

脚立を使って鋸で。痛む右腕と左手で少しづつやりましたよ。

チエンソーを出そうかと思ったけれど、そのチエンソーがまた
重くて脚立の上でよろけそうになるのでやめました。

ほんとは、根元から切っていいと、考えたけれど、実がなると
野鳥や小さな動物がご馳走を食べにやってくるんです。
人間がお邪魔しているから、その子たちに、心ばかりのお礼に
と、残しておきましょう。と。

 

Photo_20210223141501

 

Photo_20210223141601

 

Photo_20210223141701

ちょっと古屋になってしまいましたね

登ってくる途中、紅白の梅の花が見事でした。

住居は廃屋になってますが、元の地主さんがいつも手入れ
に来ていて、絶壁にある、それは美しい梅林?です。

Photo_20210223142301

 

Photo_20210223142401

河津さくらも満開

Photo_20210223142501

やっぱり、春はまちがいなくきてますね~

コロナウイルスのせいで、悲しい事やおもいがけない不幸な
出来事に遭遇したり、重苦しい日々が続くばかりだと思って
いても、季節の移ろいには、そんなこと影響なかったようですね。

暖かい陽だまりに居て、芽吹こうとしている木々の力強い気配を
感じてエネルギーをもらうような、不思議な雰囲気です。

ヤッパリ 自然はいいなあ~何よりの栄養剤です。

そんな気持ちで久しぶりの肉体労働でした。
でも、脚立に上るのもよろめいたり、足が以前みたいに上がら
なかったり、体の老化をイヤというほど体験しました。
日頃の運動不足が良くわかりました。

| | コメント (2)

2021年1月12日 (火)

昨夜からの雨がシトシトと降り続いています

日本海側では、かってない大雪で難儀しているという。

昔 自宅への出入りにも苦労するような豪雪地帯で育った

私には、雪降りの大変さが分かるような気がします。

 

Photo_20210112125401

  山荘から年末にとって来た紅梅が開いてます

 

昨日昼過ぎ、お向かいの青年から電話がきました。

 

敷地に入る処にある水道管から水が噴き出ていますよ  と。

ここ数日の寒波で、今まで凍ったことのない場所まで

凍結したんですね。

普段、使用したことのないもので、其処に水道の立ち上がり

があることさえ忘れていました。

昼過ぎて、気温が上がって来たので凍結が少し解けたんですね。

 

 

水を止めるバルブを探してみたが分からない。何処にも

見当たらない と青年はいいます。

以前にも何度か家屋内や外の湯沸かしなどが凍結して

そのたびにお世話になっていた、地元の配管屋さんへすぐ

連絡をしました。

 

配管屋さんも、ここ数日の凍結被害で忙しく飛び回って

いたそうなのに、やがて駆けつけてくれて応急処置だけ

してくれました。

都合みて修理にまた来ますから と電話があり、心底

ホットしました。

青年が居てくれて、気づいてくれて本当に良かった!

感謝 感謝です。

 

昔は、まめにお世話をやいてくれる仲間などが各戸の

様子を巡回して見てくれて異常があると電話をくれたり、

皆で助け合って協力し合ったものでしたが、次第に高齢化

となって今では当番?で決めた管理者でさえ、そのような

気を遣う人はいなくなりました。

自分だってこの何十年、有志の努力で守られてきたのに。

ここは、専任の管理者が常駐しているような高級別荘地で

もないのに、そんな気分のオーナーが居るのです。

他のオーナーさんたちと(私や青年 他など)交流して

ないので内情が分からないのですね。

何か、ご自分の都合の悪いときばかり、水が出ない、木が

倒れてる 等々なんとかしてくれ と要望は言いますがね。

 

きっと、私の処以外にも多分、トラブルが発生しているん

じゃないか? この寒さは普通じゃないですから。

ちょっと、そんな事青年と話しました。

お天気になったら、山道の凍結に気をつけて登って行って

みよう。青年は、雪が降るといってたから危ないから

気をつけないと  と言ってくれました。

愛いやつよのう~  今度行くときは、何かお土産を

持っていこう。寒がっているというチョビちゃんにも

おやつを・・・

 

Photo_20210112133201

 

シットリ雨のこんな日には、いろんなことを思います。

 

おとうさん、、恵まれた生い立ちではなかったという

けど、私や子供たちとの生活は幸せだった?

思い出して、ホット胸の中があったかくなるような

想いではあるの?

 

しっかり会話も出来ず さよならも言ってくれない

で逝ってしまって、私はそれが残念で悔しいナ

いまでも悔しいんだよ・・・ 私は言ったよね。

おとうさん、心配はいらないよ。私がいつも居るか

らね。ちゃんとお世話してあげるから と。

 

もう二年と四か月になるのに、こんな淋しい雨の日は

つい、そんなこと思っちゃうんだよね。

ラジオから、寂しい艶歌も聞こえてるし・・・

ナンテ また脱線して。私の病気は治らないですね。

 

この雨は北遠では雪になって、数センチだけども

積もっているそうです。

お山も、きっと雪になってるかも。

青年とチョビちゃんはどうしてるかな?

 

 

 

 

| | コメント (4)

2021年1月 5日 (火)

また一人になりました

12月30日に、長男が一人でやってきてから年明け2日に

埼玉の自宅に帰って行くまで、買い物も一緒、天井の電灯の

カサを掃除してもらったり、積もる?話を聞いてもらったり、

高校生の頃の長男に対するように、ヤレ湯冷めする ご飯を

しっかり食べろ等々 あれこれ口煩く、嬉しく世話をやきま

した。   もう60歳近いおじさんなのに・・・

長男も、子供二人が社会人になって夫婦二人ぐらしとなって

奥さんはバリバリの仕事人 年末から正月は仕事を休めない

ので、長男一人の帰郷となりました。

 

結婚してから始まった海外赴任から、やっと帰国して

正真正銘の日本のお正月を、自分の家で過ごしたかったで

あろうに、ちょっと気の毒でもありましたが。

 

Photo_20210105103401

 

この伊勢海老は、孫娘が(長男の子供)釣って?来たものです。

この娘は釣り上手で、以前にも書きましたが魚などの研究で大学院

まで進み、弁天島にある東大の研究施設で勉強をしておりました。

釣り仲間のお爺ちゃんたちに可愛がってもらったという変人娘で

したが。 冷凍庫の伊勢海老を見て、父親である長男とボイルしよ

うか、焼こうかなどと相談したけれど、冷蔵庫の匂いがついてしまい

物凄く臭いのです、買えば、一尾5,6000円?もしそうなのに。

大きくて、それは見事な縁起物の伊勢海老なのに、また冷凍庫へ。

 

そのまま忘れ去ってお正月もそのままに・・・

         

           Photo_20210105105901

 

 

そして、長男は埼玉へ帰って行きました。

コロナ騒動のおかげで、来宅する者も今年は三人しか居ませんでした。

主人が亡くなって二回目のお正月です。

今年は、門扉に地味な松飾をしました。

誰か来たら と思って用意したお節も、長男、次男、私の三人で

片づけないとね。

コロナ騒動もあり、主人が居なくなったせいもあり、訪れる人も

ない三が日でしたが、一年ぶりに息子と過ごせて、打ち明け話も

聞いてもらい、私にとっては嬉しい日々でしたが、長男はザゾ

ウンザリしたことでしょうね、

| | コメント (6)

2021年1月 1日 (金)

粉雪でも舞いそうな元日です

 

    明けましておめでとうございます。

 

昨年のような散々な年は、きっぱりと明けて欲しいですネ

 

曇り空で、雪でも降って来そうな厳しい寒さの初めの日と
なりました。

 

Img_1648-1

皆様にも、今年は良い年になりますように

明るい毎日がきますようと心から願います。

本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

| | コメント (4)

«冬支度をする