2023年2月 6日 (月)

お雛様を出そうか・・ クリスマスローズも咲き出した

二月に入る前から、お雛様をだしてやろう と
思ってはいるんですが。

 

Img_3234

きょう、お店に行ったとき、たくさん並んだお雛様
を見て、やっぱり早く出して飾ってやらなきゃ と
改めて考えたんですがネ~
きっと、アノお二人たちも 早く箱から出たい と
待ち焦がれているんじゃないかな・・・

 

毎日使っている小さな日本茶用の急須の具合が悪く
(茶漉しの網が壊れて)詰まって出て来なかったり、
そうかといえば、茶葉がド~っと出てきたり・・

Img_3319

波佐見焼という、シンプルで可愛い丸っこい急須
と、お揃いの小ぶりの湯飲みを買いました。

どの地方の焼き物か,窯もとは何処かな、それも
面倒でまだ調べていません。

 

Photo_20230206162201

黄色 臙脂 桃色 と植えてあるのに、白に臙脂の
この、クリスマスローズが一番早く咲き出しました。

下向きに咲くので鉢を高い処に置くようにしているの
ですが、やはり覗いて見たり、花をそっと指で上にむ
けたりして見ています。

きのう、次男のお嫁さんがやって来たので、三つも
作ったトートバッグの一つを貰ってもらいました。
(ヘンな言い方 ・・)

以前貰ったエコバッグも、いつも使っていますよ。と、
言いながら気持ちよく持って行ってくれました。

この子は、素直で、ものの言い方が優しいので好まし
いです。
あげたバッグが、例え使用される事なく放り出してあって
も、喜んで持って行ってくれれば、それはそれで良しです。

 

さっきまで、あんなに晴れて暖かだったのに、急に曇って
きました。
気温も8℃になってます。雨が降るのでしょうか ・・・

 

| | コメント (2)

2023年1月23日 (月)

ボンヤリしてたら一月もあと僅かとなってしまった

   歳をとるにつれてやる気がなくなってきたようだ

これでも、毎日自分では強がって、頑張って生きてる
つもりなんですがね~

 

今朝 四時半ころ、微かに聞こえる、表を走る車の音を
聞いて、 雨が降っているんだな~ と感じました。

今晩辺りから、10年に一度の寒波がやってくる と。

凍結に注意 平地でも水道管の破裂予防をすること。
テレビではしきりに注意を呼び掛けています。

年末に買った灯油が残り少なくなってて心配です。

あったかい布団の中で、ボンヤリつまらない事をアレコレ
考えながら、結局は、 こんな暖かい布団にくるまれて
なんて幸せなんだろう。

できたら一日中布団の中に居たいよね。
などと怠惰な思いにゆきついで、結局またウツラウツラ
していまいました。

次に目がさめたら、6時少し過ぎ。
ミイちゃんが待ってると可哀そう 植木棚の下に造った
ダンボールのベッドを覗いたら姿がありませんでした。

フードのある倉庫の戸を開けておいてやる。なんとかして
やりたい ・・ 家の中に入れてやるのが一番なんだけど
未だに触らせてくれない 芯から懐かない子だし ・・・

シットリと地面が濡れています。この雨が山では雪になる
のだろう・・

 

テレビで小樽の雪景色を見て、行って見たいと切に思いました。

Img_3284

北見、ウトロへ行ったのは随分昔の事だわ。

凍結した阿寒湖の花火をみたり、オーロラ号の船上から
カモメにパンをやって流氷も見たり・・・

摩周湖ではコーヒーの空き瓶にクリオネを数匹入れて
売っていたっけ…今ならいけないことですよね。

雪がたくさん降っている地方へまた、旅行をしたいです。
早くしないと、体が付いていけなくなるから今のうちなんだ
けど。もう、若い人達に付いていけないかも。

夢想はきりなく広がって行きます。

わたしの悪いクセ・・  右京さんみたいな言い方ですね。

 

 

 

| | コメント (2)

2022年12月30日 (金)

なりゆきで一年、また過ぎたようだ

正確に言えば、まだ、きょう 明日と二日残っては
いますが・・・

昔みたいに新年を迎えるにあたって喜びも、感慨も
何にもないのですよ。

何故かな? 鬱にでもなっているのかな?

自分でも不思議。 高齢になればこんなものか?
これといって、夢も望むことも特別ないしネ

 

Img_3243

勢いよく燃える焚火の炎は若い人達のもの。
緩やかにチロチロもえる静かな小さな炎は
年取った私を癒してくれる灯りのようなもの。

若い人達のソロキャンプの光景を見ながら
自分も一緒に楽しんでいます。

日没から夜の闇に代わって行くときの晴天の
夜空の青を、ブル~モーメントと、いうのだ
そうです。

年齢を忘れて、私もウットリと眺めてしまい
ます。 アァ~昔に戻りたい!

若くなって、夜空を眺めながら火を焚いて
私もキャンプがしたいものだわ。
キャンプ関連の動画を見ていると、若者もけ
っこう
繊細でロマンチストだと言うことが判かってきました。

ブッシュクラフトとか、ソロキャンプとかの番組の好き
な私を、息子は揶揄しますがネ~

 

Img_2747

 

今年の、私の収穫は、一番に、何十年と服用して
きた眠剤と、お別れできたことです。

眠れなければ、寝ないでいい。

そう割り切ったら、案外あっさり眠れました。

そりゃあ歳だから、夜中に何度も目がさめますが。

でも、じぶんでも呆気ないほど簡単に服用を
辞めることができたのです。

中には、深刻でやめられない人も多いということですが。

来年こそは、スカッと明るい年になって欲しいです。

さあてと、また甘えん坊のワンちゃんがやってきますよ。

渋滞に巻き込まれて、何時間もかけて。
せっかく来るんですから可愛がってやりましょう。

この拙い私のお部屋へ寄ってくださる皆様も どうか良い
新年をお迎えくださいますように。

 

 

| | コメント (2)

2022年12月25日 (日)

山荘に雪が降りました

 週末に、さらに厳しい寒波が来て雪が降ったようです

 

Img_3241

次男が設置してあるカメラにお客さんの姿が。

ライブで届く山荘の様子だそうです。

これまでは、タヌキやイノシシなどは知っていましたが
鹿の姿を改めて確認しました。

 

寒くて、餌もないので、野生の生き物たちも厳しい
冬は、大変なんですね。 

きょうはクリスマス

12月は、妹や、ヨーキィのTOTOが旅立った月。
慌ただしいけれど何か心さみしい12月です。

来年も元気に過ごせるといいですが・・・

| | コメント (2)

2022年12月23日 (金)

予想どうりの結果でございました

 北西の風が吹きとうる寒い場所に

Img_3222

交換してそれ程使ってない給湯器
水抜きをしてなかったので、また故障?
ガスに点火しないで、水ばかり出てきます。悔しい。

Img_3218

同じく、新しい家庭用ポンプはハウス型のカバー
を被せてあったので、凍結を免れた。
もっとも、これにはヒーターが付いているらしい。

正常に水を汲み上げていました。

 

受水槽のバルブを閉め、屋外のマンホールの中の
バルブを開いて、室内中の配管の水抜きをして、
台所や洗面所の水栓を開いておきました。

給湯器の修理は来年、暖かくなってから、誰か使用
する人がしてください。

Img_3223

裏が南なのに、うっそうと杉や赤松の林になってい
ので陽が当たらない。

大晦日までに、できたらもう一度様子を見にこよう。

帰り道、いつものスタンドで注油して、そこの奥さんと
暫くお喋りをして帰ってきました。

ここは、街中よりガソリンが少し安いのです。
リッター¥154でした。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (2)

2022年12月20日 (火)

この寒さ もう望み無しです

数日前から寒波がやってくる と聞いていたのに。。

 

Img_3185

 

失敗しました。

せめて、土曜日にでも行っておけばよかった・・・

 

毎年、クリスマス過ぎから大晦日前に、山荘の防寒
対策をしていたのに・・・

 

今年は、防寒作業を、次男にやらせようと考えていま
した。

と、いうのも、最近次男が山荘を自由に使用していた
ので、そんなに好きな場所なら、全て任せて譲って
やろう と考えていました。

手入れの作業も、防寒のしかたも機会があれば一緒にし
て伝えたつもりですが。

寒波がくるニュースを聞けば、山荘は大丈夫か? と
いう気持ちにならないと、本当に山荘を愛しているとは
言えませんね。

休日に、自由に使って、さんざん楽しんでいた山荘。

 

Photo_20221220135201

私にも油断があったのですが。

日曜日、次男夫婦が珍しく我が家へやってきました。

土日は、たいてい奥さんも、四匹の愛猫も放って
おいて、自分だけ山荘に篭っているらしいのに、
こんな時に限って家に居たのね。ナンテコトヨ

 

・・・その夜から、寒気はさらに強くなりました。

 

凍結して、水道管や給湯器、ポンプが破損しても
受水槽のバルブを閉めてあれば部屋の中も洪水に
はなりませんが、破損した機器を交換することに
なれば、大損害です。

今までに,二回ほどひどい目にあいました。

今年の二月には屋外の、日が当たる場所なのに
水道の立ち上がり、蛇口が破裂して、お向かいの
青年に大変な世話をかけてしまいました。

今回は間違いなく、給湯器、ポンプ、室内水栓など
ダメになっていることでしょう。

それほど、厳しい冷え込みですから。
また、二十数万の出費だろうなあ・・春に給湯器
ポンプも交換したばかりなのに・・・

今回は、修理は次男任せにします。

山荘が欲しかったら自分で管理しなさい と言った
って当たり前ですよね。

嫌なら、売却します。 最近、売ってくれ と業者
から,度々電話がありますからネ

私だって、免許更新が無理になったら、もう山荘に
は行けないし・・

いつまでも煩わしい事は絶えません。

可哀想な寂風荘ですね。

 

 

 

 

| | コメント (4)

2022年12月 4日 (日)

煙は青空に吸い込まれてゆく


今日も落ち葉炊きをしました。

火を燃やすのって魅力的ですね。
ゆらめく炎を見ていると、無心になって引き込まれ
て時間を忘れてしまいます。

 

Img_3184

モミジの一部が紅葉しています

里山には雑木より杉の木が多いので紅葉がなくて残念
ですが、やはり間違いなく秋はたけなわ?です。

221203

桜の幹にしがみ付いているコンナ小さなツタの葉も
せいいっぱい赤くなっています

 

小鳥の声も、風の音も無い静かな高い空に煙だけが
最初、モクモクと、しだいに透き通って・・・

Img_3171

 

 

Img_3175

 

Img_3169

りんどうの花が落ち葉に埋もれて咲いてます

 

秋の夕暮れは早いので、日が暮れないうちに、
里山を下りたい、そして、インターの渋滞がない
うちに帰りたい と火遊びばあさんは、静かなお山を
後にしてきました。

 

| | コメント (2)

2022年11月26日 (土)

食べることが命の喜びに

朝 六時前、辺りが明るくなるほどの稲妻が、そして
大音響の雷が繰り返し鳴り響き 激しい雨が降りました。

 

うす暗い、台所でテレビをつけると、

緩和ケア病院の患者さんに、最後何も食べられなくなった
時にアイスキャンディを食べてもらったら、とても喜んでく
れた、小さく砕いたアイスを、口に含んでユックリ味わって

ありがとう と、かすかな声で言ってくれた。と話す家族や
医師の話をしていました。

 

その番組を見ていたら、忘れてしまいたくて無理にしまって
あった事が突然、ありありと蘇ってきたのです。

アイスクリームやキャンディーを食べることが出来る患者
さんは、まだ幸せ(ふさわしくない言い方だとはおもうが)
わたしの夫は、繰り返しの肺炎で、食べたくて堪らないの
に意図しない絶食で、最後は枯れていくように旅立った。

餓死させてしまった。ということになる。 

徐々に枯れて倒れる古木をずっと最後まで見届けるような
せつない毎日でした。

断食が始まって、数日は、お腹が空いて辛かったのでしょう

・・ご飯を下さい  おやつを食べたい と力なく訴えて
いました  その声も、だんだん弱くなっていってさいごは
水分だけの点滴で。。

断食に入る前に、コッソリ飴玉を口に入れてやった時の嬉し
そうな顏、ジュースを口にした時の幸せそうな目。

夫が旅立ってから暫くは、自分が食事をするのさえ罪深く
おもえて、食べ物がのどを通らない気分で過ごしたものです。

どうせ死ぬなら、せめてお腹いっぱい、好物のお寿司でも
お刺身でも、甘い物でもイヤというほど食べてもらいたか
った。

朝から、涙がバカみたいに流れて、泣くまいと思うのに
声まであげて泣いてしまいました。

お母さんって泣かないんだね と言った長男が見たら
化け物でも見たように驚くだろな と、泣きつくして
一人で苦笑してしまった今朝のことでした。

 

| | コメント (2)

2022年11月 7日 (月)

良い子で留守番ができました

  息子の家のワンコを預かりました

川越を早朝発って、途中我が家へダックスフント一匹を
預けて、長男夫婦が大阪へ用事があってスグ出て行きました。

 

Img_3119

男の子 アマッタレ

今まで、もう一匹のお兄ちゃんダックスと、いつも
ピッタリひっついていた甘えん坊の淋しがりです。

 

それが・・・お兄ちゃんが9月に旅立って、一人
ボッチになってしまいました。

息子夫婦が、出勤してしまうと、一人きりになって
淋しくて、不安でたまらないらしく、どちらかが
帰ってくるまで泣き続けるのだそうです、

ご近所さんが苦情を届けたらしく、保健所が虐待を
しているのではないかと、調査にきたそうです。

Photo_20221107163301

体も大きくて、重量もあります。

以前も、こうして我が家へきてもくっついて
いました。

二人の車が出て行った後、一匹で網戸に顔を寄せて
ず~っと外の気配を伺って暗くなるまで座ってまし
た。

遅くなってからは、諦めて私の後をついてまわり
一時も離れません。

でも、ヒーヒーキャンキャン鳴かないでじっと
こらえて私の顔を見つめてます。 

オヤツを少しだけ食べて、めずらしく自分の
ハウスにじぶんから入り、大人しくしています。

夜は、夫婦の寝室で一緒に寝ているということで、
今夜から二晩、大変だな 私も一緒に寝てやらなきゃ
いけないのかと案じていました。

が、入り口の扉を閉めても鳴かないので私は、サッサ
と二階へ。

部屋の灯りは様子が判るように少し明るくして。

一晩中、私の方が良く眠れませんでした。

次の夜も、静かに・・・

こんな子でも判って、耐えて我慢しているんだな~

笑 私の思い込みだけど、いじらしく、思えたのです。

キミは、男らしいじゃないか。我慢すれば鳴かないで
いられるんでしょ、 家に帰って、昼間、静かに
お留守番デキルヨ 強いじゃないか と褒めてやったり
しましたよ。

 

ようやく二晩過ぎて、また暗くなり、やっと表に
車が入ってきたら、網戸に手をかけて、少しキュン
と鳴き、尻尾をブンブン振りましたよ。

ボク お利口で留守番したからね というように
アマッタレの目をして、ようやくマミィに抱いてもらい
満足そうでした。

私は、この子が二泊三日の間、ずっと福ちゃんの感触
を重ねて扱って嬉しかった。

公園へ連れて行き久し振りに、犬ともに会ったり、楽し
かったです。

今からは、もう、ペットは無理なのは分かっているけど
福ちゃんみたいな小さな可愛い、体重の軽い子が欲しい
と、切に思った数日でしたね。

日曜に、イソイソと車に乗せられて、私のほうを
見ようともせず、あの子は帰って行きました。

仕事の始まった今日あたり、またギャンギャン泣いて
ご近所の顰蹙をかっているんじゃないかしら。

可愛いでしょ 置いて行こうか と言われたけど、

それは、お断りですよね。 

 

 

| | コメント (4)

2022年10月24日 (月)

二日つづいての草取りは疲れます

土日の2日かけて草取りに、お山へ行きました。

往復に2時間ちょっと、街中の渋滞を抜けて走って、
山道に入ると秋の気配濃厚。

今年も この道に 熊出没注意! と看板が立つかも。

Photo_20221024135501

 

1日目は、からみついたクズの太い蔓を除去したり、
覆いかぶさったススキや雑草の退治、もう、ヨロヨロ
するほど疲れて、その夜は、欲も得もなく早く寝てしま
いました。

人間、こんなふうに良く働けば疲れて眠れるんだな・・

久し振りの肉体労働は昔を思い出す。

昔は、朝から晩までコイル巻きを人力で私がやっていた
からネ  モーターの掃除、塗装もやったよネ

若い頃は良く働いた その合間に事務や接客 経理、子供
の事や家庭は二の次という訳にはいかないから、これも精
いっぱい頑張った。

頑張り根性は、ちょっと他人には負けない気がするわね。

 

と、、横道に逸れて他人に嫌われる自慢話になってしまった。

 

山桜の落葉が始まって、雑草やデッキの上に沢山落ちて
二重の厄介仕事だけど、色が綺麗です。

地堺いまわりを、この日は重点的に。

ズボンの裾が 草の実だらけになりました。

このひっ付き草は始末におえませんよ。むしっても、
喰いこんでなかなか取れませんからネ~

Img_3075

 

Photo_20221024142801

 

どこから手を付けてよいやら・・・

1度こんなふうにしてしまうと、なかなか元の姿に戻す
ことは大変です。

来年、この草の実がまた、ビッシリ生えて来ますからね。

1日目はここまで。

 

2日目は昨日取った草を、桜の落ち葉を混ぜて炉で燃やし
ながら平地の草取り続行。

良く、燃えるんですよね。落ち葉と萎れた雑草が。

Img_2543

お昼は、桜の木の下でおにぎりを食べました。

食べながら、草を燃やしながら・・・

そのうち、燃えている火をひっくり返したり枯草をつぎ足し
たり、風がかなりある日だったけど、気をつけながら熱中して
火弄りをしてしまいました 笑

昼過ぎも頑張って、なんとか、どうにかなりそうな感じに
なってきたので、焼却炉の側にイスを持ち出して火の鑑賞をして
今日は、もうこれでお終いにしよう。

 

植えてもいないのにつわぶきの花が咲き、ホトトギスが咲き、
大切なダリアやモッコウバラは姿を消したのにコレたちは
元気なんですよね。

2,3日休んだら、また出かけて行って、続きをしよう。

また草を燃やそう。 キャンプの若者たちのように、直火で
燃やしたいナ  でも、お向かいの青年の様に山火事にして
しまうと怖いから気をつけよう。

・・・あの時は、暗くなっても鎮火せず、ヘリコプターで消火。
テレビのニュースにもなったっけ。

 

道々のコスモスや色づいた柿の実や、無人販売などが また
楽しみなんですねえ。

ヤッパリ自然の中に居ると気持ちが休まるようなきがします。

 

 

 

| | コメント (6)

«久し振りの山荘は雑草だらけ・・心が折れそうになりました