« 晩秋は乙女チックに、、 | トップページ | 猫より劣る »

2006年11月25日 (土)

今がいちばん

うららかな陽がふり注ぐあったかい土曜日。県道脇の、いつもの銀杏の大木は、

落葉盛ん。 黄金色に輝いていた。

晩秋のお山はシーンと静まりかえっている。鮮やかに色づいた漆の葉。

山芋の黄色い、かわいいハートの葉っぱなど、みんな、今年最後のお洒落

を、精いっぱいして日向ボッコをしている。

トトーも忙しくマーキングをしながら落ち葉の匂いを嗅いだり、ハナを突っ込

んだり、最後の秋を楽しんでいるようだ。

時々、姿が見えなくなるので、トトー トトーと、大声で呼ぶ。

それでも返事?がないときは「トトー オヤツだよー」と叫ぶと、ひょっこり木

の陰から姿を現せたりするのでホットする。

「この山の中で迷子になったらもう、お家へ帰れないんだから。イノシシや、

クマに食べられてしまうんだからね」  言ってきかせても、言うことをきか

ない。 二キロちょっとの、チビのクセにヤンチャボーズで困る。

この仔と二人で、林の中をガサゴソ散歩をしている時が、いちばん幸せ。

このまま、時間が止まってくれないかなあ などと思ってしまう。

お山も、あと、わずかで寒風吹き荒ぶ 恐ろしやま 恐山 に変化する

ことだろう。 今のうち。 いまのうち。  ガサゴソ、、、ガサゴソ、、、、

|

« 晩秋は乙女チックに、、 | トップページ | 猫より劣る »

コメント

トトちゃんにしても、至福の時ですね。
ほんの微かでも、愛されたという記憶なしでは生きていけないのが、私たち命ある者ではないでしょうか。
トトちゃんとの幸せの時は、愛し・愛された記憶として永遠ですね。

投稿: 逸民 | 2006年12月 9日 (土) 18時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 晩秋は乙女チックに、、 | トップページ | 猫より劣る »