« 四十九日 | トップページ | 老師と少年 »

2007年9月16日 (日)

狼王ロボとブランカ

我が家の孫たちに是非読んで欲しい、お勧めの本。
それは、シートン動物記 ファーブル昆虫記 だと、常々思っているのだけれど
年、二、三回、遠くからやって来るこの子達は、ゲームやテレビに夢中で、目に
つく所にわざと、置いてあっても全く見向きもしないようだ。

私は、こんな歳になってもページを開くと 灰色狼、ロボ の世界に胸が躍る
ほど・・・たとえば、ニューメキシコのカランポー河の畔に広がる牧草地で五頭
の部下を率いて狩りをする、人間の知恵にも負けない知能を持つ、ロボ。

でしゃばりで落ち着きの無い美しい白い狼、ブランカ という妻のために
人間に捕らえられて、その、誇り高い生涯をおえてしまう・・・

020 その他に、灰色熊の一生の、ワープ。
ヤップユルルルウー と鳴いて子供たちを呼ぶスプリング
フィールドに住む、スカーフェイスと、ビタセンの狐の親子
の生涯。数多い動物たちの命の輝きが生きることへの
賛美を込めて描かれている。

また、秘密に包まれた昆虫たちの驚きの世界と、自然への尊敬が書かれ
たファーブル昆虫記。
感動と、喜びを与えてくれる素晴らしい傑作だと思う。

|

« 四十九日 | トップページ | 老師と少年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 四十九日 | トップページ | 老師と少年 »