« 残り少ない夏の日に | トップページ | 一人ぼっちで淋しいね »

2008年8月18日 (月)

北遠 山村の盆行事

新仏におまつりした 金 銀 赤黄 ビラビラのついた大きな提灯

故人の名前を書いた短冊が結びつけられた細くて長い笹竹

それらを川原で燃やすお盆最後の行事を見た

川原には沢山の提灯が集落全体から集まって、昨年からの一年で

こんなに多くの方が亡くなって居たのかと驚いた

     夕闇迫る頃・・・

私はたくさんの人達と橋の上から提灯に火が付けられるの見ていた

広い川原に赤い火がポツンとついたと思ったら、そこへ次々と

提灯や笹竹が入れられ、ほの暗い川原に大きな赤い炎が立ち上がり

見物の人達が一斉に ワア~ っと声をあげ 「これで完全に成仏でき

るよ」 と誰かが話している

   赤い炎と黒い煙・・・

なんともいえない厳粛な気持ちになった

義姉さん ほんとうにお別れですね  と、心の中で呟いた

珍しい、古くから伝わる送り盆の行事を見てこういう行事が人々の結び

つきを深めてきたんだ  と感じた山村の送り盆の光景だった

|

« 残り少ない夏の日に | トップページ | 一人ぼっちで淋しいね »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 残り少ない夏の日に | トップページ | 一人ぼっちで淋しいね »