« バンザイ バンザイ | トップページ | 梅雨明け »

2010年7月13日 (火)

おしろい花のひらく夕暮れ

100

 陽があたっているのに雨が降ってみたり・・・夕方近く烈しい夕立のような雨が降りました。  蒸し暑さは最高の一日でした。

夕暮れ時、少し早めにふくちゃんを散歩に連れていきました。
所々に喪服を着た人達が行き来をする姿を見て 「アァ 今夜は盆義理の日だった」と気がつきました。  初盆のお宅にご挨拶に行く夜です。

・・・・想い出しました・・・・

あの人が逝ってからもう、まる三年たつところでした~~~なんだか、ずっと大昔の出来事のようにしか思えません

不治の病で余命わずかと知ってから、亡くなるまでの一年と少しの闘病生活。
元気な時は自信たっぷりの女王さまのような人でした。
聡明な人で、美しい文字を書く人でした。 私はミセス〇〇と自分で言うような人でした。じっさい彼女がボタンのような女性なら私はさしずめペンペン草のようなものでしょうか?~~~でも、人間の運命なんて判らないものですよねぇ

あの人は、意識の無くなる直前まで自分の夫の悪口、恨み言を呪文のように繰り返して「死にたくない まだやりたい事がある、私がこんな風になるなんて理不尽だ、不公平ダ」誰も私のやってきたことを評価してくれない と繰り返していました。  凄まじいまでの生への執着を見るようで私は怖かったくらいでした。最近になって、あの人の無念さが少し判るような気がしてきましたけど・・・

ベッドから私を睨みつけていたガラスのような瞳が忘れられません。

お盆の宵 盆ぎり の人達の黒い服装からあの時を思い出してしまいました・・・・
心の中に黒い霧が広がってくるような不吉な感じで落ち着きません。

 
 

|

« バンザイ バンザイ | トップページ | 梅雨明け »

コメント

私は歌の方はまるっきり興味が無いのですがブログの「盆義理」という言葉、知らなかった。と、思っていましたが「オドマ、ボンギリボンギリ盆カラ先キャア、オランド・・・」なんてのが口から出てきたのですがこの「ボンギリ」も「盆義理」も同じなんでしょうか?
歌も何んとなく出てきたので正しいかどうかも解りません、ましてや何処の民謡なのかも解りません。
ゴメンナサイネ、「解りません」ばかり連発して、実際、歌はマルッキリ駄目なんですよ、
万葉歌は同じ歌と付いていますが歌謡曲や民謡とは別のものですからね。

投稿: tabibito | 2010年7月16日 (金) 11時51分

>tabibitoさま
そうでしたよね。そんな歌(民謡?)ありましたね。  義理というのですから、本当に義理でお参りするものなんでしょうか・ 遠州地方は結構盆行事も派手なんですよ。嫌でもお飾りをしないと頼みもしないのに近隣の方々が盆供に1000円位入れて持ってくるみたい。最近は面倒に思う人達も多くなってきたようですが地方によって習わしもちがうのでしょう。

いつも頭が下がるのですが、万葉の歌を熟知して、自分の解釈をし、それも季節に因んだ歌を選び・・・昔憧れた古文の先生をみるようで尊敬しております。まさか、ランニング一枚で汗だくになってのお姿なんか想像もつかない神様のような方ですから。

投稿: 一人しずか | 2010年7月16日 (金) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バンザイ バンザイ | トップページ | 梅雨明け »