« ちょっと来てぇ~と呼ぶ鳥 | トップページ | もう少しマシなものに »

2012年7月 7日 (土)

ロマンチックなはなし

031

       我が家のムクゲのひとつ。上品でやさしい色です。

058

 薔薇の花のように大輪八重のクチナシの花。 大切にしてます。

 今夜は彦星が織姫に逢うために、天の川を渡って行く夜なんですね。舟を漕いで天の川を渡っていくのでしょう ・・・  誰が考えたお話なのか、あまりにも可哀相ではありませんか。 一年にたった一夜しか逢えないなんて。

   天の海に   雲の波立ち   月の船

            星の林に  漕ぎ隠る見ゆ

  天の川をながめていると、このうたが浮かんでくるのです ワタシ

|

« ちょっと来てぇ~と呼ぶ鳥 | トップページ | もう少しマシなものに »

コメント

ホント!上品でキレイなムクゲですね、
写真も素晴らしいです。
子供の時分どんな願い事をしたのでしょうか?
その願いが一つでもかなえられたのでしょうか今思い出しても一向に思いだせません。

投稿: tabibito | 2012年7月 8日 (日) 08時11分

>tabibitoさま
写真を褒めていただいて有り難うございます。
子供の頃は、けっして恵まれてはいませんでしたが不幸だなんて思いもしませんでした。  時々 泣きたい位懐かしくてたまらなくなります。
特に歳とってからは父親が恋しいのです。変ですね。
この歳になっても、何時も手には入らないことばかり夢みて それがまた生きる励みにもなっているのかもしれませんが、困った自分です。でも、歳とっちゃって人生先は短いですね。

投稿: 一人しずか | 2012年7月 8日 (日) 13時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと来てぇ~と呼ぶ鳥 | トップページ | もう少しマシなものに »