« 不安が現実に | トップページ | 源氏物語の女たち »

2013年7月 9日 (火)

猛暑が続きます

月曜日の午後に、連れ合いを病院に迎えに行ってきました。

目も眩むような暑さです。 たった一週間の入院で、もう心配ない
ですよ と言われた連れ合い ・・・なのにヨロヨロ弱々しいのです。

病室に居る時、となりのベッドの元気?なオジイチャンに「イイワ
お宅は奥さんが元気だから助かるね」 と言われました。
連れ合いが こんなふうだから私が元気の振りしてなきゃならない
となりのおじいちゃんは 連れ合いより三つも年長でした。
わたし 病気でも、この方のように前向きで明るい人が好きです。
75052_2
75052  退院したら遊びに行くからね とオジイチャンは言って
 連れ合いに 忘れ物は無いか? お財布は置いていっていいよ
 とか、お世話を焼いてくれました 笑

 オジイチャンは入院のプロ 先月から二回目の入院 なんて
言って笑ってました。

四人部屋に居たのですが、奥様方がやってきてご主人の世話を
焼いている様子を見たり、聞くともなしに夫婦の会話を耳にして
キチンと話のやり取りをして落ち着いて愛情が一杯 と感じまし
た。 夫婦って、コンナ風に会話しているのだな と珍しく思い
ました。 我が家は いつも一方通行 主人が私にしんみり
事細かく話をする なんてことは今までめったにありません
話のできる夫婦はイイナァ と羨ましくおもったことでした。

帰宅して お風呂の支度をしてやり ご飯を早めにしてやりました。
連れ合いは いつもの通りお酒をほんの少し飲んで日常に戻った
ようですが、無口は倍増しました。

   世話かけたね  大変だったね ありがとう  位言っても
   いいかなぁ~? と胸の中で思ってしまいましたワ 

|

« 不安が現実に | トップページ | 源氏物語の女たち »

コメント

最近御主人の性格が完全にとは言いませんが解ってきました。
本当に無口なのですね、思っていることを口に出す前に相手の返事が予想出来てそれで口に出すのをやめる性格でしょうか、
御主人心の中では感謝の気持ちを口にしたいと思って居られるのですがそれを口にした時の一人しずかさんの反応を考えただけで話す勇気を無くされるのでしょうね。

投稿: tabibito | 2013年7月10日 (水) 08時28分

 退院なさって良かったですね。しずかさまの病院通いも大変だったでしょう。
 ご主人は何もおっしゃらなくても、華やかな奥さんが来てくれるので、同室の患者さんたちに対しても、内心誇らしかったと思います。

投稿: 般若苑 | 2013年7月10日 (水) 10時51分

>tabibitoさま
ムム・・あんまりな言い方ではありませんか?  ソレジャ私が恐ろしくて可愛げがない、どうしようもないオニババにきこえるではありませんか。・・・ソウカ私はそう見えるか・・・tabibitoさんには好ましい女に見てもらいたかったのに。
本当の私をご存知ないのね 

投稿: 一人しずか | 2013年7月10日 (水) 13時29分

>般若苑さま
とんでもないと思いますよ。
普段のまま、男シャツを着て髪もザンバラ およそお洒落じゃないから、むしろ恥ずかしかったのでは? とおもってます。
ただ、隣や向かいのオジサマたちとペチャクチャ話ができて息抜きでした。
私ってヤッパリ般若苑さまみたいに女らしくないのですよ。

tabibitoさんって アル人を上村松園のような女性と褒めたり,野薔薇のように可憐で聡明なんて言うくせに、やはりオバアチャンには辛らつよね~そう思いません?笑

投稿: 一人しずか | 2013年7月10日 (水) 13時39分

>般若苑さま
コメントの返事を見ていたら、般若苑さまみたいに女らしくない というくだり、なんだか変ですね。 アナタのように私は女らしくない と言いたかったのです。
紛らわしい言い方ですみませんでした。

それから上村松園の描く女性のような ですね。
どうも私は言葉足らずで恥ずかしいです。

投稿: 一人しずか | 2013年7月10日 (水) 20時12分

入院は、足腰の筋力の減りが加速するのが最も厄介ですね

投稿: 玉井人ひろた | 2013年7月10日 (水) 22時44分

「言葉に出さなくても」とは言っても、今時の若い世代の夫婦だったら、そんなふうでは許されないでしょうね。
 あと、あまりにも日常的に感謝することばかりで、旦那様は口にする暇もないのでしょうか。もし、たまに親切にされるのだったら、驚いてかえって言葉になるのかも?

投稿: 般若苑 | 2013年7月11日 (木) 07時58分

>玉井人ひろたさま
高齢になると、ほんとうにアットいうまに足が
弱ってしまいますね。今回は嫌と言うほど実感
しました。考えようによっては私にとってよい
体験になったので イザという時の準備をして
おこうと、入院グッズをまとめて置きました。

投稿: 一人しずか | 2013年7月11日 (木) 20時28分

>般若苑さま
日常に慣れてしまっているのですね。
当たり前にとか。。友人が「男ってそんなものよ」
と言っておりました。
友人の夫は最後まで「ありがとう」も言わずに
逝ってしまった と。でも、口に出さなくても
夫婦だから当然なんでしょうね。

投稿: 一人しずか | 2013年7月11日 (木) 20時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 不安が現実に | トップページ | 源氏物語の女たち »