« 暑いのにご苦労さん | トップページ | お盆が近いから来てくれたの? »

2014年8月 6日 (水)

灼熱地獄 広島原爆忌

洗濯物を乾そうと、ベランダに出たら、遠くでサイレンが鳴って
います。

八月六日 朝 八時十五分 晴れ

また ことしも、この日が巡ってきたのですね。

大きなきのこ雲がムクムクと沸き立って、一瞬にして廃墟に
なってしまった町。      真夏の朝の恐ろしい出来事。

319_2

焼けるような陽を浴びながら ベランダで黙とうをしました。

こんな時は、言い表せないような怒りが湧き上がって頭が
パニックになってきそうです。

こんな残虐なことをしながら、 戦争を終わらせるため などと
釈明して 正当づけるのが人間なんですね。

人間は 時には 恐ろしい生き物になるんだ 信用しては
イケナイ と どこかで囁く声が聞こえてきます。

一度ならず 二度も。    悪魔としか言いようがない。


暑い風の吹くベランダで、許せない気持ちで祈りました。 

|

« 暑いのにご苦労さん | トップページ | お盆が近いから来てくれたの? »

コメント

 今日の広島は、珍しく雨の中の原爆記念式典でした。
 あの日、私は広島県北部(市内から40kmぐらい)にある親戚の家にいました。そこへ、井戸端で洗濯をしていた小母さんが、駆けてきて、「おかしな雲が出とる!」と言うので、皆で外へ出てみました。 青空に浮かんだあの気味の悪いきのこ雲は今でも目に焼き付いています。
 最近、『原爆の子』を読みなおしました。小さい子供たちが綴る過酷な体験に、涙が出ました。

投稿: 般若苑 | 2014年8月 6日 (水) 19時09分

>般若苑さま
私はこの日が来るたびにアメリカが憎くて許せない
気持ちがこみあげてくるのです。
そうですか・・・キノコ雲を目撃されたのですね。私は報道や映画や書物写真でしか原爆を
知りません。はだしのゲン ガラスのウサギ 黒い雨とか。今でも核こそ使用されてはいない
けれど、争いで大勢の人々が傷ついたり亡くなったり
戦争はどう転んでも得るものは一つとしてありません。
身近に原爆を目撃体験された方なら想いはまた
私なんかよりずっと現実的でしょうね。

投稿: 一人しずか | 2014年8月 6日 (水) 22時36分

『その日、辺りは太陽が落ちたかのような光と熱に包まれ、人も煉瓦も焼けたり融けたりした。
空には、未だかつて見たことも無い巨大なキノコの形をした雲が現れた。

その町に行った者は、悪魔に憑りつかれたように頭髪が抜け死んでしまうので、訪ねる者も住む者も居なくなった。』

上記は、4000年以上前に石に刻まれたインドの古代文明の文章です。

未だに、考古学者は何を言っているのか結論を出していません。

投稿: 玉井人ひろた | 2014年8月10日 (日) 20時31分

>玉井人ひろたさま
まるで予言しているかのようですね。
原子爆弾を投下したエノラゲイの最後の乗組員
が93歳天寿を全うして亡くなったそうです。
神様は特別に罰はお与えにならなかったようです。
もっとも、ハナから神なんて居ないかもしれないけど。
インドの古代文明の文章 見てみたいものですね。

投稿: 一人しずか | 2014年8月10日 (日) 21時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 暑いのにご苦労さん | トップページ | お盆が近いから来てくれたの? »