« 老いらくの恋 | トップページ | 草茫々寂風荘 »

2014年9月 2日 (火)

9月になりましたね

友達が自分で作ったという 小ぶりのスイカ  

きょうは晴れて 気温も30度を超えました。
家の中に居ると、風が涼しいのですが、今食べないと寒くて
食べる気がしなくなるな と、思い切って切ってみました。

Photo_2

包丁を入れたら、ひとりでパリンと割れました。水分たっぷり
です。 甘くてとっても美味しい。今年のスイカはこれで終わり
ですね。

きのうは、雨降りだったので、テレビで 飢餓海峡 という邦画
を夢中で見ました。
もう、三回ほど見ますが、見る度に最後の場面が切なくて悲し
くて、胸がいっぱいになってしまう映画です。

主演の三国連太郎は、笑われるかもしれないけど、わたしの
父に似ているのです。
そんなこともあって余計胸に迫るのでしょうか。

昔の映画には印象に残る、名画が多いですね。

同じように白黒で 泥の河 という暗くて悲しい映画もあって
これも、強烈に私の胸に残っています。
今まで、数えきれないほど良い映画をみてきました。
歳をとったせいか、最近の評判がいいという映画でも、私には
あまりグッとこないのです。
高齢になって感性が鈍くなってしまったのでしょうかね。

357_2

植えた憶えがないのに、庭の所々でユリが咲いています。

それと、ポーチェリカの黄色 朱色 赤  そして日々草の
ピンクがいつも何処かで咲いてます。

こんな、お客様なら大歓迎ですね。

  今夜のお月さまは 右縦の半月で、ボ~と霞んでいました。

  暗い木立の中で 蝉がジ~と一声鳴くのが聞こえました。
  

          

|

« 老いらくの恋 | トップページ | 草茫々寂風荘 »

コメント

どちらの映画も知りませんので、ちょっと内容を調べてみましたらどちらも戦後間もないころで、中央では初めて女性が選挙に参加した初めての衆議院選挙や新憲法が作成されていたころなんですね。

飢餓海峡は推理小説で、カラー映画もフジテレビが制作しているんですね。主は若山富三郎さんになっていました

投稿: 玉井人ひろた | 2014年9月 3日 (水) 18時20分

>玉井人ひろたさま
古い映画なんですよ。昼間の一時 BSプレミアムで                  邦画、洋画と取り混ぜてやっています。
雨降りの用事の無い日なんか落ち着いて見られていいですよ。
若山富三郎が飢餓海峡の主人公のもあるんですか。
脇役の刑事役 判淳三郎(バンジュン)がとっても
いい味してて上手いナァと感心です。
映画っていいですねぇ それではサヨナラ サヨナラ。

投稿: 一人しずか | 2014年9月 3日 (水) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 老いらくの恋 | トップページ | 草茫々寂風荘 »