« 誰かがそこに居るとおもってしまった | トップページ | 声はりあげて歌ってくれるウグイス »

2016年5月16日 (月)

小綬鶏 チョットコイチョットコイ

   小綬鶏に呼ばれて君は行ったきり       (千葉市の椿さま)

小綬鶏はチョットコイチョットコイと鳴く。君はその声に呼ばれて行った
のか。逝った人は、本当に、見事に、決して帰って来ない。

このように選者は評をしている。   

新聞の俳壇で今朝この句を読みました。
作者のかた自身も、小綬鶏に呼ばれているような気持になったのでは
と、思うのはわたしの考え過ぎでしょうか。
深い思慕というか哀惜が籠められていると感じました。

Img_4132_2

厳しい冬が終わって、キブシのかんざしが見事に風に揺れ
蛇のまくらが突然立ち上がって頭をもたげたり、山桜の花吹雪
が、トトーのお墓を薄桃色に覆ってみたり ・・・

春は華やいでアッというまに過ぎてゆくころ、林の中から

チョットキテェ~ チョットキテ~と呼ぶ鳥がいます。

以前 何度か文章にもしました。 

里山に古くから住むジッチャンは、私の話を聞いて

「そんな人を呼びつける山鳥は知らんなぁ~ 聞いたことも無い」
と笑いました。

Img_6096_2

この、ワタシに何か話しをしたがっている姿の見えない鳥。
これがホトトギスなんだ  と思い込んでいました。

よく考えれば、、、ホトトギスは甲高い声は似ているけれど
ちょっと違うのですね。

小綬鶏はなめらかなソプラノといった感じです。

この次、お山で聞くときはちゃんと区別がつきそうです。

それにしても、ホトトギスや山野草の話から、いつも楽しみに拝見
していたある方のブログを思います。

草花の写真と共に、万葉歌を判りやすく解釈してくださっていた
旅人さま、もう一月以上も更新がありません。
どうかなさったのかと気にかかります。
なんせ、私たちのように高齢になれば、きょう、あすにも、どのような
災難が降りかかるかわかりませんから、つい余分なことを考えてしま
うこの頃です。

|

« 誰かがそこに居るとおもってしまった | トップページ | 声はりあげて歌ってくれるウグイス »

コメント

何時も気にかけて頂き有り難うございます。
実は、このところ眼が見えにくくなり、パソコンを見るのも辛くなっていて特に広辞苑のような小さな文字が沢山並んでいるものは眼がすぐに疲れブログを打っていても眼の疲れでいつも途中でやる気をなくしてしまいます。
近くの眼科医で調べてもらうと典型的な白内障だとのことで、手術をやりましょうと言うことで散々ためらった挙句手術をいたしました。
未だ片目だけですが残りの眼も今月の19日に手術を致します。
手術をしてもすっかり良くなるのには一か月はかかるそうなのでそれまではブログの更新は休み休みになると思います今日久し振りにブログを載せましたのでご覧になってください。
私も鳥のことを載せていますが写真は有りません。

投稿: tabibito | 2016年5月17日 (火) 17時56分

>tabibitoさま
あぁ~良かった!
白内障は、大なり小なり皆さん高齢になると悩みの種ですね。
日帰りで手術をする人が多いようです。
手術をしたら見えすぎちゃって と言う知り合いが
結構います。私も最近すごく目が見えなくなって
きたので手術したいなと思ってます。

細かい文字を読ませてごめんなさい。
あさっての手術もうまく無事に済みますように。

投稿: 一人しずか | 2016年5月17日 (火) 19時51分

ブログ文字の大きさを変えることはできないのでしょうか?

ちなみに、自分自身の目の疲れを緩和することと、見やすさを考え、3年ほど前から私のブログの文字は通常より一段階大きい設定に変更しています。

投稿: 玉井人ひろた | 2016年5月17日 (火) 21時21分

>玉井人ひろたさま
私も、文字の大きさを、このブログでいえば、普通から大にしております。
今使用のノートは画面が小さいので、文字を大きくすると表示される文字数が減り、またコレも不便。大きな画面のデスクトップ式に憧れます。
いずれにしても、高齢になると目がかすんだりぼやけたり細かい作業が苦痛になってくるものなんですネ 最近は読書も敬遠しがちになってしまいました。

投稿: 一人しずか | 2016年5月18日 (水) 14時12分

この日のブログに載っている植物が気になっていましたが漸く笹葉銀蘭だと確信をしました。
たしか去年だったかにはキンランも載せておられましたね、本当に植生の豊かな親まで羨ましい限りです。

投稿: tabibito | 2016年5月24日 (火) 21時09分

>tabibitoさま
分譲されたばかりの頃は、大きなヤマユリや、ピンクのササ百合が群生していたり、金襴や銀蘭、ナンバンギセルなど珍しい植物がありました。近年は車で入って来て採取していく人たちが居るようで残念です。
思いがけない場所に一本きり咲いて居たり、そんなときはどうぞ見つからないようにと祈る気持ちになります。笹葉銀蘭ですか?これはかたまりで咲いている場所があるんです。秘密ですが 

投稿: 一人しずか | 2016年6月 3日 (金) 20時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 誰かがそこに居るとおもってしまった | トップページ | 声はりあげて歌ってくれるウグイス »