« 自分がこんなに弱い人間だったなんて | トップページ | 私のせいで福ちゃんはかわいそう »

2018年4月21日 (土)

牛のにいさんは90歳になりました

今年は、気持ちや時間にゆとりが無くて、お山の桜を見ることが
できませんでした。

自分の気持ちを切り替えるためにもいいのでは?とも思って、
本当に久方ぶりで、お山に登って行きました。

森の入り口で、軽トラを止めて、伐採した松の木の丸太を
積んでいるお爺ちゃんがいます。
よく見たら、久しぶりの、牛のにいさん でした。

にいさんは、初め私が誰だか分かりませんでした。
ホラ あの青年の向かいの家のワタシですよ。

あれ? 青年のお母さんだっけ? と会話が噛みあいません。

そのうち、にいさんが段々思い出してくれました。

血色は良く、敏捷そうで、依然となんにも変わった所は
ないようですが、話を聞くと、今年90歳になったそうです。

Dscn0189


いろいろ話していて、お母さんが(奥様が)、この3月に亡くなった
ということを聞きました。

まだ日にちも浅いのに、にいさんは健気に、こんな作業に
精出していたのです。  きっと作業をすることで淋しさや悲しみ
を紛らしていたのでしょうね。

俺が先に逝くとおもっていたのに、おっかさんが先に逝って
しまって困ったな と思ったよ。

と、にいさんは笑顔で言いました。
90歳にもなって伴侶に先立たれるなんて想像しただけでも
涙がでます。

きっと、にいさんの心は涙と落胆と淋しさが溢れそうでしょうね。

この次登って来るときは、せめてお母さんへの御仏前を
用意してこよう と思いました。

Dscn0196

久しぶりの山荘はそろそろ雑草だらけに。
チゴユリが群生していたのは嬉しかったです。

Dscn0190


思いがけなく、大昔 実家に咲いていた母から株分け
してもらったイチハツが一本だけ咲いていました。

とっくに消えてしまったとおもっていたのに、いきなり
亡くなった母に会えたような気がしてジンとしました。

Dscn0199


卯の花も咲いています。

山荘の雨戸をあけ放ち、風をとおしました。
ボイラーや水回りの防寒も片づけて掃除機をかけました。

私の嫌いな大きな蜘蛛の死骸や、夥しいカメムシがコロコロ
いっぱい転がっています。

生きた蜘蛛が素早く逃げていったり、カーテンからバサッと
落ちてきたり、これが一番苦手なんですが。

Dscn0200

お昼は、チョビチャンを抱っこして、この二か月あまりの私の
出来事を青年に洗いざらいぶちまけっちゃって、心許して
涙を見せてしまいました。

不思議なことに、青年は黙って聞いてくれるのでプライベート
のことでも、つい話してしまうのです。

私はおかげで気持が楽になって、反対に青年はウンザリかな
などと思いますが、「ボクも人に言わないことを聞いてもらったり
してるので」 と ニコニコしているのです。

泣いている癖にオニギリを一個食べてスッキリしました。

草取りをしている時、 そういえば、あまり良い天気なので
もう使用することも無い? 連れ合いの寝具を干してきた
のを思い出しました。

日が沈むまでに急いで帰らなきゃと、 早々にお山をおり、
顔なじみになったガソリンスタンドで注油し、一時間かけて
帰宅しました。

連れ合いの布団類はホカホカ  あぁ この布団に休ませて
あげたいなあ と思いましたが、涙はでませんでした。

青年と話し、お山の空気を吸って、少し強くなったような
気がしてきました。

いつまでもメソメソしてはいられませんからね。


 

|

« 自分がこんなに弱い人間だったなんて | トップページ | 私のせいで福ちゃんはかわいそう »

コメント

山林には不思議なパワーが有ります。間違いないです

投稿: 玉井人ひろた | 2018年4月22日 (日) 08時39分

>玉井人ひろたさま
片道一時間もかかるのがチョットね~です。
プラムの木が枯れていました。この次はチエンソー
の登場かと思います。ヤッパリ自然の中が一番です。

投稿: 一人しずか | 2018年4月22日 (日) 13時27分

 久しぶりに山荘に行かれたら、いつもの花たちや、お母さまゆずりのイチハツを見つけられ、お里帰りをされたようですね。牛のにいさんや、チョビちゃんのお兄さんとも会えるし、心を切り替えられる場所ですね。胸の内を言い合える仲間がいるなんて、羨ましいです。

投稿: 般若苑 | 2018年4月23日 (月) 13時11分

>般若苑さま
今思うと、何故あんなに憔悴するほど苦しんだのかと感じます。人生なるようにしかならないのですよね。
夫は老健の入居者の一員となって、退屈そうに、それでも落ち着いて過ごして一週間がたちました。安心するように毎日面会に行っておりましたが、そろそろ数日おきでいいかなと考えています。

介護を放棄するようで気が咎め、結局自分を責めていたのですね。

なんか、憑き物が落ちたように吹っ切れました。
今回は人の優しさが有難く身に浸みました。
私って良い人達に恵まれているんだなと気が付いた次第です。
せい一杯夫に良かれと思ってやったことですから夫も許してくれるでしょう。

投稿: 一人しずか | 2018年4月23日 (月) 20時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自分がこんなに弱い人間だったなんて | トップページ | 私のせいで福ちゃんはかわいそう »