2019年5月25日 (土)

執着心を断ち切らなければ

靴の整理をしました。

一足づつ新聞紙に包んで、スリッパの類まで。

ごみの袋にふたつ。 全て処分しようとも思ったのですが、
七月のお盆に我が家へ帰ってきたとき、下駄箱に自分の靴が
何にもなかったら困るかな、、、 と、思い直してよそ行き
の革靴だけをしまっておくことに。

洋服などの衣類は、自分でも驚くほど早くにリサイクルに出して
しまいました。 身近にあるのが辛かったからです。

軽い寝具類は、はさみで切って処分しました。

 

 

こうして、一年足らずで、連れ合いの所持品はおおかた姿を消して
しまったので、次は、自分の物も整理しようと始めたのですが・・・

 

ところが、衣類などは思いきれるのですが、つまらない小物が
どおしても難しいのです。

プレゼントされたスカーフや旅のお土産の可愛いもの。
手つくりのお人形、ぬいぐるみ バッグ 海外で買った珍しい
小物など。

なかでも、ほんとうに呆れて、自分でも笑いたくなるものに、
綺麗な包装紙、洒落た紙袋、素敵な空き缶、リボン端切れの類
・・・相当な数になります。

こんなのが私亡き後にワンサカと見つかったら、笑われるだろうナ

ここのところ、執着心との闘いの日々を過ごしております。
自分以外のものならサッサと処分出来たのに、未練たらしい私です。

| | コメント (4)

2016年1月28日 (木)

いつも可愛いふたり

   きょうは お雛さまを出してやりました

Img_1816_2

            久しぶりで恥ずかしいワ

Img_1817_2

           明るくて やっぱり外はいいもんだネ

Img_1818

             少し お顔がまるくなった?

この お雛さも、大分色あせてきたような。 

そうですよねぇ  わが家にきて21年になるんですもの。

Img_1815_2

三人の愛らしい官女も喜んでます。お道具を手から落とさないで
くださいね。

静かな二階でゆっくり寛いでください。 アラレもお供えしなくちゃネ

| | コメント (4)

2015年10月22日 (木)

気に入ってくれるでしょうか

だいぶ前から、二男家の二匹のネコチャンたちに、何かオモチャ
を作ってプレゼントしようと、思ってはいたんですが。

マタタビの木が売られているのを見て、ぬいぐるみの中に入れたら
喜びそうな枕ができるナ と、思い作ってみました。

1017

まず、先に 顔をアップリケや刺繍で作っておいて ・・・

前胴体部分を二枚重ねてポケットになるようにしました。

前後重ねて袋縫いの簡単作業です。

1019

袋縫いしてひっくり返して ・・・ いうはやすく でしたが
苦労しました。 ニットなので伸びて形がゆがんで、最初の
可愛い顔が大分変ってしまいました。

中の綿つめのとき、マタタビを一緒につめておきました。

そして、お腹のポケットにも、小さく切ったマタタビを二本
入れておきました。

匂いプンプンで、あの子たちクネクネしてくれるかな?

1027

布が残ったので、この子もついでに作っておきました。

・・・顔 目 が 怖~い  

| | コメント (4)

2015年9月16日 (水)

久し振りにミシンを使って

前の道をはさんで向かいの営業所に、朝からパイプで足場を
組む作業が始まったようです。

カチャンカチャンと音がして、若い男の子数人が器用に長い
パイプを建物の周囲に組んでいます。

昼食が済むころ、雨がポツリ ポツリと降りだしました。

そうだ、こんな日は、涼しいし、ミシン遊びでもしよう。

お手軽で簡単 そんなに時間をかけない  と、いうことで
お決まりの手提げ袋作りです。

959_2

二階で、演歌のCDを聞きながら、つい縫物に没頭して ・・・

持ち手のアクセントに、古いバッグから取っておいたリングを
使用。 持ち手の布の幅を広くしてお洒落な感じに・・・ ?
中にはポケットを付けておきました。

自分が使用して使いやすいのが一番ですから。

アレコレやって居る時、お向かいで若い人が一人 組み上が
った足場にネットを取りつけているのを見ました。
お昼ごはんも食べないで、ずっと作業をしていたんですね。
かなり降っている雨のなか、テキパキと一人で身軽く動いて
います。 他の若者たちは見えません。

働かないお婆ちゃんが、シッカリご飯を食べ、こうして道楽の
縫物なんぞをして、演歌ガンガンかけて時間つぶしをしている。
なんだか体裁悪い気持ちになりました。

それにしても、良く働く若い人ですねえ。

ネットを張って準備を完了させておけば、次の作業(塗装)に
即取り掛かれるというものです。
多分 自営の人でしょうか。 雨の中 一生懸命仕事をして
いる姿を見て 働くっていいもんだなぁ と心底おもいました。

背広姿で、実際の生活の苦労を、おそらくしたことが無い
いいとこの、お坊ちゃんの方々に頼みたい。 きょうは国会周辺
も特に騒がしいということです。 が、こうして雨の中 体を使って
ひたむきに働く若い人達が、生きがいをもって生活できる国にして
あげてくださいネ と。  

  風邪ひかなきゃいいけれど ・・・

こんな手提げ袋一つにすっかり肩が凝ってしまいました。

| | コメント (4)

2015年8月30日 (日)

目の保養をしてきました

     愛知県陶磁美術館 にて

938_2

937_2

広大な敷地に、素晴らしい建物です。

瀬戸市は古くから焼き物の歴史で有名な土地ですね。

本物の作品の数多くを鑑賞することができて幸せな時間を
過ごすことができました。

私の鑑賞眼では、犬の目に星でしょうが

瀬戸物屋さんが多く並ぶ街の通りには、お茶碗や皿など
日常に使用する陶器がいっぱい並べられて、手に取って
品選びをするのも楽しいものですね。

942_2

私は 食器はもう充分なので、ちょっと変わった招き猫ちゃん
を購入しました。
棚の上で、私を見て 一緒に帰りたい と言ったから

また、なんの役にも立たないものが増えてしまいましたけど。

今日の日曜日  テレビでお宝鑑定団を興味深く見ました。
本物を見て来たから、いつもの私と違うわよ という感じで
笑えちゃうのですが ・・・

名品を見ると、我が家の食器が貧しく見えますが、私の料理
には相応のものでいいのですからネ

たまには、最高に良い物を見るのも目の保養になりますね。

| | コメント (4)

2015年7月 3日 (金)

作品になってかえってきました

しばらく前に、私はもう使わない 刺子用のサラシ布一反 を
友人がやっている美容院へ持って行って

だれか 刺子を趣味でやっているお客さんが居たらあげて頂戴
と置いて来たことがありました。

899_2

きのう むさ苦しく伸びた髪を、カットしに行ったら、友人が

「この間の布で作ったからと 預かったわよ」 と
思いがけず、きれいに刺子された作品を渡してくれました、

私まで貰っちゃった と同じものを広げて友人も嬉しそうです。

嬉しい ありがとう  よろしく伝えておいてね  と私。

何処の誰? とは詮索しません  もしかしたら顔見知りの
方かも ・・・    布巾にするにはもったいない作品です。

| | コメント (4)

2014年5月20日 (火)

近くて遠い友達

夕方 友達が、アマリリスの鉢を持って訪れました。

この、年上の友達は、家はすぐ近くなんです。

我が家の前の信号を西に真っすぐ。次の信号が見えますが、その
信号の傍に彼女の理髪店の三階建てが手に取るように見えてます。

なのに、ここ暫く出会っていませんでした。
連れ合いが、そこへ調髪に行くたびに「彼女 元気だった?」 と
訪ねてはいましたけど ・・・

久しぶりに出会った彼女が、あまりにも痩せて、顔も小さくなって
いるのを見てギョットしました。
腰が痛くて整形へ通っている。 見ると、お年寄りが引いている
車つきの物入れと、椅子になったカートを引いて来たのです。

鉢植えのアマリリスを入れて、そのうえに、釜揚げシラス、グリン
ピースまでお土産に持ってきてくれました。

                                 

187

以前は良く旅行を一緒にしました。 露天風呂に入って
「まるで私たち、二匹のトドのようなもんだね」などと大笑いしたり
気前がい彼女は、お土産をどんどん買うので私と気が合いました。

久しぶりに、お互いに機関銃のようにお喋りをしました。
日が暮れかかって、彼女が帰る時は、家の前に繋がった車が
心配なので、ズーッと見送りました。カートを押してゆく彼女の
姿を見て、胸がつまりました。 年取ったんだワ。 82歳ですって。

Photo

病院へ行くときに、オサイフや保険証を入れて肩に掛けて行く
のに と思って、彼女用に作っておきました。
嬉しい 嬉しい と言って喜んで持って行ってくれました。

きょうは、私も嬉しかった。 お互い元気に暮らそうね。
アマリリス 大切にしますよ。 黄色の薔薇を切花にしてお土産
にあげました。

 

| | コメント (2)

2014年1月29日 (水)

お元気でしたか

きょう お雛様をだしました。

034_2

どこかものたりませんねえ

032_2

男雛の手にもつシャク、冠の飾り  女雛の豪華な扇 ・・・

どこにいったのでしょうか。  包み紙の和紙の山に紛れこんで
見当たりません。

きょうのところは ひとつ、我慢していただいて 後日念入りに
探すことにいたしますので ごめんなさい。

033_2

この子たち三人の、お道具はそろっておりました。

| | コメント (4)

2013年8月 1日 (木)

くっつくテーブル

以前作ったテーブル  具合悪い 笑っちゃうテーブルです。
生地のままにしておこう と思ったのに、濡れてもいいように と
ニスを塗ってしまったら、置いたお茶のカップや灰皿がくっついて
ペタペタとし、すんなりテーブルから持ち上がれなくなったのです。

75068_2

作っている時は上手くいったわ なんて自己満足してたのに ・・・

ナンダ! これはお茶が飲めない  塗りがまだらじゃないか など
口の悪いお客のジイチャンたちがハヤシます。

 ウゥ 悔しい。 また、苦労してニスを除去しました。
 ほんとに 手のかかるテーブルですよ。

 まだらになって汚くなってしまったけど年季が入ったテーブルに
 見えないことも無い。 まだ少しベタっとしますが ・・・

| | コメント (4)

2013年4月 4日 (木)

不恰好だけど完成しました

 切り倒した杉の板が長いあいだ倉庫にあったのを、大工さんが
 見つけて、二枚合わせてテーブルの天板に作ってくれました。

 山からそれを、私の車に乗せて持ってきて、庭に置くテーブルを
 作ることに。

  8センチ角の角材(210センチ)が一本あったので、あとはホームセンター
 で角材を70センチ長さに一本カットしてもらい(一本600円ほどに) これで
 脚になる4本が用意されて。

  74846

 タップリ二個の電池を充電満タンにして ・・・

Photo

 脚の三本を鋸で頑張って切りました。アァ山から電鋸をもってくるの
 わすれた ・・・ 私が鋸で切ると少し斜めになっちゃうんだよなぁ~

74855 まず、裏や下になる

 箇所から塗装をして

 おきました

 寸法が合っているのに

 意外とピッタリいかない 74857

ものなんですねえ

 細かいことに拘らない。

 この上に天板をのせるように
 します。

 天板は、値打ちなのでいつでも

 取り外してしまえるようにして

 おこうと思って 。。
 

 たったこれだけの作業なのに、グズグズしてて、また、雨が降ったりしてた
 ので一週間ほどかかってしまいました。

74861

 天板は塗装をしないで生地のままにしておきます。

74862

 あと、イスをなんとかしなきゃ 丸太の輪切りを山から持って来たほうが
 いいか?  なんにしてもやっときょう完成して、グッタリしてしまいました
 けっこう疲れるもんです 

 途中 脚が70センチじゃ高すぎて、10センチ切り落としました。
 四本もです ~~~ ガックリでした。 塗装作業が一番楽しかったです。

 

| | コメント (4)